Lake Louise(その2)

昨日の続き。

で、山を登ること約2時間、
ゴールの1.5キロほど手前のお茶屋さんに到着。
c0077835_23472442.jpg

ブログではさらっと書いてますが、ここまでくるの結構大変でした・・・。

実は、僕たちの知り合いの娘さんがこのお茶屋さんで働いているそうで、
その知り合いの方は、娘の働いてるところをちょっとのぞこうと思って
レイクルイーズから歩き出して、途中で死にかけたって言ってたんでですが、
まさに、ちゃんと準備してからじゃないとエイラめにあいます!!

で、そのオアシスとも言うべきお茶屋さんで、僕らはお昼ごはん(パンとスープの
軽い食事)を食べて、一服。
そして、残りの1.5キロを歩きました。

その最後の1.5キロはまさに氷河の横を歩きます。
c0077835_064260.jpg

写真では、みにくいんですが、上の雪の層から水が滝になって流れ落ちてます。
本当は氷河の上も歩いてみたかったんですが、氷河の間にかなり大きなクレーターが
たくさんできていて、落ちたら大変なのでやめておきました。

c0077835_0125872.jpg

ハイキングの終点辺りは、氷河から水がどんどん溶けて落ちてくるので、
「ロッキーのおいしい水」もしくは「レイクルイーズの天然水」取り放題です!!

このハイキング、出発したのが10時、レイクルイーズまで帰ってきたのが3時なので、
途中の休憩もあわせて約5時間のハイキングでした。
しかも、行きはずっと上り坂なので、結構大変なので覚悟を決めていきましょう・・・。

次の日、

当初の予定では、この日はバンフで山登りだったんですが・・・・

昨日のレイクルイーズのハイキングがボディブローのように効いていて、
とてもバンフで山登りなどできる状態ではなかったので、
急きょ予定を変更して、
Johoston Canyonミニハイクへと変更・・・
c0077835_0283750.jpg

Johoston Canyonはご存知の方も多いと思いますが、一応紹介すると、
場所は、バンフとレイクルイーズのちょうど中間くらい、
ただし、いつもの高速道路からでは行けないので、
いつもの高速道路と平行して走っている、Bow River Park Way(名前が違うかも、
とにかく、今の高速道路ができる前まで、バンフとレイクルイーズの主要道路だった
やつです。)から入ります。

ここのいいところは、ハイキングコースが・・・
c0077835_0292732.jpg

ハイ!全線手すり付き!!しかも車椅子可のフレンドリーハイキングコース!!
これなら、レイクルイーズのスパルタハイクで筋肉痛の僕らも大丈夫!!

c0077835_032143.jpg

キャニオンということで、谷の間を上流の滝まで、
手すり付きの歩道を歩きます!!!!!

ちなみに、これは、近いほうの滝の様子。
c0077835_0341779.jpg

歩道が滝の真横まで付いてます。

というわけで、遠いほうの滝まで行って帰って約2時間のお手軽ハイキング。
帰りにバンフの町へ寄って帰ったら、カルガリーからの日帰りハイクに
ちょうどいいんじゃないでしょうか。

もちろん、うちもこの後バンフによって温泉に入って帰ったのは言うまでも
ありません・・・。

以上、キャンプ報告でした。
[PR]
by itgz | 2006-09-06 00:40 | アルバータ,B.C観光 | Comments(0)