2017年 07月 23日 ( 1 )

前回の続き。

残念ながら、オールドフェイスフルインの部屋が取れなかったので、

それじゃあ、今年は別のとこに行って、来年にする?ということになりまして、

来年、もう少し早く動いて予約を取る方向で話は進みました。


そして、次の年、

予定通り、5月の初め頃にROYが夏の予約を入れようとチャレンジ。

が、生憎またもやすでに満室・・・

ため息交じりにROYが、予約のオペレーターに聞くわけです。
「ずっと満室だけれども、どうやって予約とるの?」と・・

で、オペレーターが
鼻で笑いながら、説明するには・・・、

このホテルは、毎年5月の1日に翌年の夏の予約が解禁されます。(その年じゃないですから、1年以上先の話です)
そして、予約が解禁されたら、あっという間に7月・8月の部屋は埋まってしまいます。
なので、泊まりたい前年の5月1日に電話してね。

あ、そういうことね・・・失礼しました・・
このホテルの人気をナメてました・・

というわけで、
さらに次の年(2016年)、
今度は、5月1日に電話をかけて、見事に翌年(2017年)の希望する日時のこのホテルの予約が取れましたとさ。

さて、
どうしてそんなに大人気か?

カナダにもシャトーレイクルイーズなど、公園内の象徴的なホテルがありますけど、
予約を取るのそこまで大変じゃないですよね。

その秘密は、値段なんです。
このホテル、値段が公園の外のチェーンホテルと値段がほとんど変わらないように設定されてるんです。
たぶんですけど、国立公園だから、予約の努力さえすれば、誰にでも平等に泊まるチャンスがあるように、
配慮されてるんでしょうかね?(シャトーレイクルイーズと大違い!今見たら、一泊900ドルになってますよー)
その心意気カッコいいです。

あ、あと捕捉ですが、
もし、部屋(古いホテルで、シャワーがない部屋とかある)と日にちに制約がなければ、キャンセルが出ることがあるので、
その年の夏の部屋を取れることもあるそうです。あと、7月と8月の超繁盛期を避ければいけることもあるそうな。
ROYの場合、どうしても僕の誕生日にこのホテルの宿泊をぶつけたかったのと、部屋へのこだわりが少しあったので、1年以上前から予約をいれる必要があったということです。

とにかく、こうやって3年かけて予約を入れたホテルで、楽しい誕生日を迎えたいと思います。


おわり




[PR]