カテゴリ:アメリカ旅行( 45 )

こんにちは、


前回のブログでは、

おまえらハワイじゃなく、日本に行けば?って感じだったんですが、

日本の味だけではなく、ちゃんとハワイの味も楽しんで来ましたよ。


最近はやりのアサイボウル。
c0077835_216823.jpg

アサイのスムージーの上にグラノーラとフルーツがのってる感じですかね。

うち、これをロイヤルハワイアンセンターの中のアイランド・ヴィンテージ・コーヒーで食べたんですけど、
ここ、すごい行列・・・・。旅行雑誌で紹介されたからだと思うんですが、
注文するまでに、15分くらいは待って、そのあとアサイボウルが出てくるまでにさらに
30分くらいかかるんですよ・・・

おいしいことはおいしいですけど、これだけの苦労をして食べる価値があるかどうかは微妙。

続きまして、パンケーキ。
c0077835_2161230.jpg

ハワイと言えば、パンケーキというわけで、
うちもEggs 'n Thingsのマカデミアナッツのパンケーキを食べて来ました。

確かに、おいしいです。普通のパンケーキとは一段上の味です。
これはハワイに行ったら試してみる価値ありかと。(ただ、最近は日本にも進出しちゃってるんですよねー)

ロコモコ。
c0077835_2162555.jpg

言わずと知れた、ハワイの名物。
うちは、ドールプランテーションで食べました。

ポケ(ポキ)
c0077835_2155813.jpg

マグロをごま油や薬味で合えて、ご飯の上にのせたものです。
マグロの漬け丼みたいでおいしかったです。

最後は、ハワイの郷土料理
c0077835_21658.jpg

たくさんあるんで、メインのものだけ紹介していきますと、

まず、紫色っぽいのが、ポイと呼ばれるタロイモを茹でてペースト状にしたもので、
現地の人の主食なんですが、他のおかずをつけて食べるんで、
すき焼きの生卵的な感じの使い方で食べます。

そのポイの上のトマトを刻んだのがトマトとサーモンのサラダ。(ロミロミサーモン)

その右隣、カルアピッグ、こっちでよくあるプルドポークの塩味版みたいな感じ。

葉っぱに包まれたのが、ラウラウ。肉をタロイモの葉で包んで蒸したもの。葉っぱごと食べれます。

右上の白いのが、ココナッツミルクの羊羹のような食感のハウピア。

郷土料理なので、劇的においしい!!という感じではないですが、
味付けもシンプルで日本人の口にもあいますし、
文化に触れるという目的で、一度試してみるのもいいと思います。
(うちは、オノハワイアンフードというお店で食べました。)


他にも、写真を撮り忘れましたが、
ガーリックシュリンプなんかも食べましたし、なんともおいしいハワイ旅行でした。
[PR]
こんにちは、

今日は、ホテルについて。

今回泊まったのが、シェラトン・ワイキキ。写真の矢印の建物です。
c0077835_7402219.jpg

ワイキキビーチの真横。

僕が旅行の話を知った時には、すでにROYが予約していたわけですが、

初めてのハワイなんで、いかにもなビーチフロントのホテルがいいかなと思ったのと、
ローソンが中にあって便利そうだからというのが理由でした。


泊まってみた感想を、これからワイキキのホテル選びをする方のために詳しく書いておきますね。

このシェラトンワイキキ、部屋のランクとしては、
シティービュー、マウンテンビュー、オーシャンビュー、デラックス・オーシャンビュー、スイートとありまして、

シティービュー、マウンテンビューは、写真に写ってない側、
オーシャンビュー、デラックスオーシャンビュー、スイートは写真に写ってる側に面した部屋です。

オーシャンビューとデラックスオーシャンビューの違いは、ダイヤモンドヘッドがキレイに見えるかどうかで、
ダイヤモンドヘッドがまん前に見える辺りの高層階がデラックスになってるようです。

うちは、オーシャンビューで予約を取っていたんですが、
ラッキーにもアップグレードされて、デラックスになりました。

ただし、デラックスも部屋は割りと普通・・・、普通のホテルのサイズで、眺め以外はデラックスな感じはなし。(たぶん、スイート以外は全部同じ)

こちらが、その21階のデラックス・オーシャンビューの部屋から撮ったパノラマ写真。(普通に撮った写真は4つ前の記事に載せたので、今回はパノラマで・・・)
c0077835_842229.jpg

こういう眺めを見ると、「ハワイに来たー」って気になりますよね。

で、眺め以外の感想はというと、

率直に言って、超がつくほど便利。

というのは、ホテルの1階がショッピングモールみたいになってまして、
ローソンあり、お土産屋さん、ピザ屋などなど外に出る必要がないくらいお店が揃ってます。

もちろん、ローソンは毎日のように使ってましたし、ハイキングなんかをして疲れた日は、
夕食にでかけるのがめんどくさくて、下のピザ屋でピザを買って、部屋でゆっくり食べたりもしました。

他にも、ホテルの横にはロイヤル・ハワイアン・センターという大きなショッピングセンターがあり、買い物にはホントに便利な立地です。


あと、こちらのホテル、海の真横に大人専用のプールがありまして、これもなかなかよかったです。
c0077835_8205714.jpg

ただし、プールの近くのデッキチェアは、取り合いです・・・・
(ちなみに、ファミリー用のプールは立派なのが別の場所にあります)


あと、最後におまけですけど、

このホテルの前の海には海がめがよく来ます。

特に夕方くらいですかね、
僕も夕方ベランダから外を眺めている時に、くろーい影が浮いたり沈んだりしてるんで、
何かと思ったんですが、よーく見ると海がめでした。

初めは海がめ見れたラッキーと思ったんですけど、
滞在中、ほぼ毎日何匹もやって来てたんで、だんだんなんとも思わなくきちゃいましたよ・・・


というわけで、ホテルの感想はこんな感じでしょうかね。

ネットでは、人が多くて騒々しいとか、落ち着かないって意見があるように、
買い物や観光とかじゃなく、ゆっくり潮の音を聞いてただただリラックスしたいなど目的がはっきりしている人には向かないホテルかもしれませんが、僕らのようにハワイ初めてで、ビーチ以外にも観光やショッピングも楽しみたいという人には悪くないホテルだと思いました。

P.S ウチここに7泊したんですけど、最終日にロービーに無料のジュースが置いてあるのを発見!!がんばって5杯くらい飲みましたが、初日から知っていれば、30杯は飲めたのに・・・・ちぃ・・・
[PR]
こんにちは、

タイトルにハワイ旅行と入っていながら、今日はハワイ本体の話ではございません。

WestJetの話。

今回の旅行、WestJetのパッケージ(航空券とホテルと空港シャトル込み)を使ったんですが、

いまだに謎なのが、このWestJetの立ち位置・・・


WestJetって、LCCなんでしょうかね?

バンクーバーからホノルルまで約6時間かかるんですけど、
機内エンターテイメント一切なし。
一応、インターナショナルフライトですが、食事もなし。

これを見るとLCCっぽいですよね。

それにしては、値段もエアカナダと同じくらいだし、
田舎の方にも飛行機飛ばしていて、
エア・カナダのライバル的な位置づけにも見えるし・・・

なんか、普通の航空会社とLCCの中間?日本でいうところのスカイマーク的な位置づけ?


航空会社がほぼ2社の独占で運賃がアメリカに比べて高いカナダ。
(シアトルからホノルルへ行く飛行機のビジネスクラス料金の方が、
バンクーバーからホノルルへ行くエコノミーより安い)

本格的なLCCが誕生することを祈るばかりです。

あ、すんません・・・愚痴みたいになってきましたね・・
明日からはちゃんとハワイのこと書きます。
[PR]
こんにちは、

まだ、ハワイにおります。

マノア・フォールズ、ハナウマ湾ときて、
今日は、ドール・プランテーションに行ってきたんですが、
もうねぇ、あそこには魔物が住んでます・・・買い物が止まりません・・・


そして、明日は、ダイヤモンドヘッド。べたな観光地をすべて攻略中・・・・
[PR]
ハワイからこんにちは。


こちら、部屋からの眺め・・・
c0077835_10563292.jpg


一日中ベランダで過ごせそうです・・・・

ハワイ素敵すぎ・・・
[PR]
こんにちは。

長かったワシントン・オレゴン旅行の記事も今日で最後。

さて、帰りは内陸の方の道路を通って帰ってきたんですが、
オレゴンもワシントンも内陸はこんな感じで荒涼としてました・・・
c0077835_411823.jpg


半砂漠のような土地に道路が一本・・・
c0077835_4111978.jpg


所々、大きな風車があるんですが、それ以外はホントに何にもない感じ。
c0077835_4112928.jpg


この日は、ヤキマに泊まったんですが、ヤキマに着いたのが日が落ちてからで、
次の日の朝、ヤキマを出ちゃったので観光らしい観光はしてないんですよね・・・

ヤキマに泊まった次の日のお昼過ぎハイウェイ97のアメリカ・カナダ・ボーダーに到着。

こちら、そのオソユースのボーダー。
c0077835_411397.jpg

今回は車から降りずに、質問に答えただけ。
パスポートにくっついていたI-94は、3ヶ月以内アメリカに入国する予定がないことを
告げるとむこうで勝手にとってくれました。

おもしろいのは、このオソユース・ボーダー、
ボーダーのアメリカ側とカナダ側で全然雰囲気が違うんです。

アメリカ側は、ちょっと寂れた感じの田舎町という雰囲気なのに、
カナダ側に入ったとたん、にぎやかなリゾート地という雰囲気になります。

カナダ人にとって、オソユースは南の端でリゾート!って感じなんでしょうけど、
アメリカ人にとっては、この辺りは北の端で、夏に遊びにくる場所ではないんでしょうね。
(リゾートと言えば、フロリダとか行くんでしょうな・・)

とにかくこのボーダーを越えて、さらに1時間半のドライブ後に
なつかしのケロウナの我が家に到着!!1週間のワシントン・オレゴン旅行が無事に終わりました!

いやー、アメリカ楽しかったです。
色々なサービスもアメリカの方いいような気がしますし、
今はカナダドルが強いので物価も安いですし、
全部ひっくるめて2000ドルの予算内でおさまりましたし。


ぜひ、また行きたいと思いました。

終わり。
[PR]
クレーターレイク・ロッジに泊まった次の日。

こちら、その日の朝焼け。
c0077835_13245549.jpg


クレーターレイクには、リムドライブという道路がついており、車でぐるりと一周できます。(1周1時間くらい)
こちら、ロッジとは反対側から撮った湖。
c0077835_13255253.jpg


ドライブの後は、ボートツアーに参加。
c0077835_13262256.jpg


間近で見る湖がまた青い!うーんブルーレット。
c0077835_13274374.jpg


こちらファントムシップという湖に浮かぶ島なんですが、島より湖の青さの方が気になるんですけど・・・
c0077835_13281576.jpg


このクレーターレイク、こんな風に雪解け水が流れこんでいるんですが、
こういう滝の近くは、水深が浅いせいもありエメラルドグリーンなんですよね。
c0077835_13282868.jpg


こちら、湖に浮かぶウィザード島。ボートツアーは2種類あり、
僕たちは、湖を1週する2時間のコースにしたんですが、
このウィザード島への登山もついた5時間のコースもあります。
c0077835_1323923.jpg


このボートツアー、予約制なんですが、一応当日券も販売されます。
ただ、当日券は結構少なめで並んでも取れない日も多いらしいです。

ですので、ロッジの予約が取れたら、まとめてボートツアーとロッジのレストランの予約も
とってしまうといいかも知れません(今回は写真が多いので割愛しましたが、このロッジのレストランも有名でホテル宿泊客以外もわざわざ食べに来るらしくいつも予約でいっぱいらしいです。僕らも早めにお腹がすいたので予約時間が変更できないか聞きに行ったんですが、その日は閉店まで予約がいっぱいでまったく動かせないって言われました。味は確かにおいしかったです。)

というわけけで、この日もクレーターレイクを十分に楽しんで、
夕方頃一路ヤキマへ。

続く。
[PR]
この日は、
ポートランドから同じオレゴン州内のクレーターレイクへ移動。

ちなみに、
クレーターレイクとは・・・
アメリカでもっとも深いカルデラ湖で、その水は透明度が非常に高く、
青以外の光を完全に吸収するため、湖の色が特別青くて有名な湖なのです。


ポートランドから約5時間・・・

というわけで、こちらがそのクレーターレイク。
c0077835_34436.jpg

この日は、山火事が発生したらしく、少しモヤがかかってますが、それでも青い!!

よく「レイクルイーズは、バスクリンを入れたみたい」って言われますけど、
こちらは、「ブルーレット置くだけを入れたみたい・・・」
c0077835_1312256.jpg


そして、本日の宿はこちら、クレーターレイク・ロッジ。
c0077835_1352249.jpg


実は、クレーターレイクは、国立公園に指定されており、
このクレーターレイク・ロッジが唯一、湖の真横に立っているホテルなんです。
(↓左の端っこに写ってるのがクレーターレイク・ロッジ)
c0077835_343025.jpg

なので、このホテルは大人気で、
僕たちも6月に予約を入れたんですが、その時すでにキャンセル待ち。

お部屋はこんなかわいい感じで、
c0077835_1374077.jpg


窓から湖もばっちり。
c0077835_1375698.jpg


僕たちは、キャンセル待ちにもかかわらず、湖が見える部屋がとれたんですが、
湖が見えない部屋の方も湖を楽しんでもらえるように、ちゃんと共通のバルコニーもあります。
c0077835_13103912.jpg


というわけで、この日は優雅に湖を楽しみながら、ドライブの疲れを癒しました。

続く
[PR]
前回の続き。

マルトノマの滝を後にして、
次に向かったのがオネオンタ渓谷(Oneonta Gorge)。
c0077835_3471033.jpg


このオネオンタ渓谷が僕がポートランドに寄った最大の理由でございます。

というのは、ある日ネットで「死ぬまでに一度は見たい世界の絶景」というページを発見して、興味深く見ていたんですが、
このオネオンタ渓谷にあるオネオンタの滝がその絶景の一つに入っていたんです。
なので、機会があったらぜひ行って見たいなと前から思っていたんです。

この渓谷、見かけは普通の渓谷という感じで、この川を上がっていきます。
c0077835_349788.jpg


途中、流木がアスレチックのようは状態になっているんですが、これを越えます。
c0077835_353544.jpg


流木のアスレチックを越えると、両側がコケに覆われた岩の壁が現れ、
なんとも神秘的な感じになってきます。
c0077835_354457.jpg


なんとなく宮崎の高千穂とか思わせる感じですよね。
c0077835_3515990.jpg


場所によっては、腰くらいまで水に浸かりますので、濡れてもいい格好でどうぞ。
c0077835_3522689.jpg


さらに進んでいくと、見えてきました・・・・
c0077835_3524032.jpg


オネオンタの滝!!周りをコケで覆われたなんとも神秘的な滝!
c0077835_3525456.jpg

アメリカ人のみなさんは、この滝の下で泳いだりしてましたが、水はちょっと冷たいかな・・・

このオネオンタの滝、滝を見るまでに流木を越えたり、腰まで水に浸かったりと、
ちょっとした試練の乗り越えて見に行くので、滝を見た時の感動は、普通の観光で見る滝よりも
断然大きいような気がします。

とにかく、死ぬまでに見たい絶景の一つが見れて、大変満足な1日でした。

続く。
[PR]
次の日、

ポートランドでの目的地、コロンビア渓谷へ。
ポートランド市内からだと車で30分くらいでしょうか。

まずは、1番有名なマルトノマの滝(Multnomah Falls)。滝の横には、レストランとお土産屋さんもあります。
c0077835_3284877.jpg


で、肝心の滝はこんな感じ。オレゴン州でもっとも高い滝だそうです。
c0077835_33395.jpg


もう少し近くに寄ってみると、2段になっている滝の間に橋がかかってます。
c0077835_3345190.jpg


僕らもこの橋の所まで上がってみました。
c0077835_335961.jpg


橋から下を見ると、こんな感じ。
c0077835_3353024.jpg


実は、この滝、さらに上まで上がれます。
こちら、滝の天辺の展望台。
c0077835_3362831.jpg


コロンビア渓谷が一望。
c0077835_3381851.jpg


この写真、滝が落下する直前のところですけど、下の方にぼんやり映っているのがさっきの橋。
c0077835_3384334.jpg


この日は、天気も良く気温も高かったので、滝の冷たい空気がとっても気持ちよかったです。
マルトノマの滝を十分に楽しんだ後、われわれは次の目的地、オネオンタ渓谷へ。

続く
[PR]