<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

こんにちは。

今日は、話題を二つほど。

ケロウナの新しいテナントさんが決まる。
今月の頭くらいに、キャリッジハウス空きマースってブログで告知したんですが、
実は、その直後に現テナントさんが、「やっぱもう1ヶ月住みます!」ということで、
入れ替えが10月1日になったんですよね・・・・。

それでも、とりあえず広告だけだしてみようかということで、
1週間前くらいですかね、英語の広告を出したんです。

その頃、もっぱら出てたのは9月1日入居の広告だったんで、
10月1日入居の広告はちょっと早いかな?と思ったんですが、
カナダ人の中にも早め早めに考えている人はいるらしく、さくっと見つかっちゃいました。

実は、ケロウナのレンタルのマーケットを考えると、
すぐに新しいテナントさんが見つかるか、ちょっと心配してたんですよ。

ケロウナのレンタル・マーケットってちょっと特殊なんです・・。
ケロウナって、人口の割に高層のコンドミニアムがたくさんあるんですが、
それって、大半がアルバータ等の人の夏のバケーション用のコンドミニアムなんですよね。

コンドのオーナーは、夏しか使わないわけで、夏以外の季節は、せめて維持費くらいは
節約しようと9月から次の年の5月くらいまで限定で安く貸し出しをする場合が多いんです。

まあ、一般の人はそんな中途半端に貸出されても・・・って感じなんですが、

これと利害がぴったり一致する種類の人がいるんです。

それが、大学生。

大学生は、9月に新学期が始まって、だいたい4月末には休みに突入・・・

5月になったらどうせ実家に帰るなり、長期で旅行に行くなりするのでノープロブレム。

しかも、家具付きなので、なにも買わなくていいし。

というわけで、学生がそっちのリゾートコンドの方へたくさん流れちゃって、ケロウナの一般のレンタル市場は、
常に供給過多なんですよね。

とにかく、そんな状況の中、
うちは10月からのテナントさんがさらっと決まったのでラッキーでした。

温泉卵作りを極めました
僕、温泉卵大好きなんですけど、結構失敗してたんですよね。
失敗の原因は、卵を常温でと書いてあるのに、常温に戻るのを待ちきれずにやったり、
日本のレシピで作ったら、コイル式のストーブが火を止めてからも熱くて、普通のゆで卵になってしまったり・・・

けど、ついに極めました・・・
めんどくさがりやのあなたに贈る、手間のかからない温泉卵の作り方!

まず、鍋に1リットルのお湯を沸かします。

そして、火を止めて、冷蔵庫から出したての卵を4つ投入し、鍋のフタをする。
(北米によくあるコイル式のストーブの場合は、火を消してもしばらくはコイルが
熱いので、熱いコイルからはずして下さい。)
後は、20分ほど待って、お湯が熱めの温泉くらいになったらできあがりー。

c0077835_1163732.jpg


おためしあれ。
[PR]
こんにちは。

8月も終わりが見えてきましたね・・・

相変わらず毎日快晴のケロウナですが、気温は微妙に下がってきた感じです。
8月半ばまでは、毎日30度超えでしたが、ここ数日は28度とか。

そのに伴い、我が家のトマトもキレイに色づき始めましたよ。
c0077835_028504.jpg


他にも観光客の量が少しづつ少なくなってきたり、

色々なところで道路工事の準備が始まったりと(ケロウナは、観光ビジネスの妨げになるので、
観光シーズンには工事はあまりしない)

少しづつ秋らしくなってまいりました。

あ、それと
カルガリーの家の水道管破裂の後処理がついに完全終了。

まあ、工事自体は6月に終わっていたんですが(それでも、発生してから4ヶ月・・・)、
その後、遠距離で色々な書類のやり取りをしてたので・・・

それにしても、時間がかかりました・・・
ただ、時間はかかったんですが、工事業者が水道管破裂の影響とあんまり関係ない所まで
修繕してくれたおかげで、1階とベースメントは見違えるようにキレイになりました。
[PR]
こんにちは。

長かったワシントン・オレゴン旅行の記事も今日で最後。

さて、帰りは内陸の方の道路を通って帰ってきたんですが、
オレゴンもワシントンも内陸はこんな感じで荒涼としてました・・・
c0077835_411823.jpg


半砂漠のような土地に道路が一本・・・
c0077835_4111978.jpg


所々、大きな風車があるんですが、それ以外はホントに何にもない感じ。
c0077835_4112928.jpg


この日は、ヤキマに泊まったんですが、ヤキマに着いたのが日が落ちてからで、
次の日の朝、ヤキマを出ちゃったので観光らしい観光はしてないんですよね・・・

ヤキマに泊まった次の日のお昼過ぎハイウェイ97のアメリカ・カナダ・ボーダーに到着。

こちら、そのオソユースのボーダー。
c0077835_411397.jpg

今回は車から降りずに、質問に答えただけ。
パスポートにくっついていたI-94は、3ヶ月以内アメリカに入国する予定がないことを
告げるとむこうで勝手にとってくれました。

おもしろいのは、このオソユース・ボーダー、
ボーダーのアメリカ側とカナダ側で全然雰囲気が違うんです。

アメリカ側は、ちょっと寂れた感じの田舎町という雰囲気なのに、
カナダ側に入ったとたん、にぎやかなリゾート地という雰囲気になります。

カナダ人にとって、オソユースは南の端でリゾート!って感じなんでしょうけど、
アメリカ人にとっては、この辺りは北の端で、夏に遊びにくる場所ではないんでしょうね。
(リゾートと言えば、フロリダとか行くんでしょうな・・)

とにかくこのボーダーを越えて、さらに1時間半のドライブ後に
なつかしのケロウナの我が家に到着!!1週間のワシントン・オレゴン旅行が無事に終わりました!

いやー、アメリカ楽しかったです。
色々なサービスもアメリカの方いいような気がしますし、
今はカナダドルが強いので物価も安いですし、
全部ひっくるめて2000ドルの予算内でおさまりましたし。


ぜひ、また行きたいと思いました。

終わり。
[PR]
クレーターレイク・ロッジに泊まった次の日。

こちら、その日の朝焼け。
c0077835_13245549.jpg


クレーターレイクには、リムドライブという道路がついており、車でぐるりと一周できます。(1周1時間くらい)
こちら、ロッジとは反対側から撮った湖。
c0077835_13255253.jpg


ドライブの後は、ボートツアーに参加。
c0077835_13262256.jpg


間近で見る湖がまた青い!うーんブルーレット。
c0077835_13274374.jpg


こちらファントムシップという湖に浮かぶ島なんですが、島より湖の青さの方が気になるんですけど・・・
c0077835_13281576.jpg


このクレーターレイク、こんな風に雪解け水が流れこんでいるんですが、
こういう滝の近くは、水深が浅いせいもありエメラルドグリーンなんですよね。
c0077835_13282868.jpg


こちら、湖に浮かぶウィザード島。ボートツアーは2種類あり、
僕たちは、湖を1週する2時間のコースにしたんですが、
このウィザード島への登山もついた5時間のコースもあります。
c0077835_1323923.jpg


このボートツアー、予約制なんですが、一応当日券も販売されます。
ただ、当日券は結構少なめで並んでも取れない日も多いらしいです。

ですので、ロッジの予約が取れたら、まとめてボートツアーとロッジのレストランの予約も
とってしまうといいかも知れません(今回は写真が多いので割愛しましたが、このロッジのレストランも有名でホテル宿泊客以外もわざわざ食べに来るらしくいつも予約でいっぱいらしいです。僕らも早めにお腹がすいたので予約時間が変更できないか聞きに行ったんですが、その日は閉店まで予約がいっぱいでまったく動かせないって言われました。味は確かにおいしかったです。)

というわけけで、この日もクレーターレイクを十分に楽しんで、
夕方頃一路ヤキマへ。

続く。
[PR]
この日は、
ポートランドから同じオレゴン州内のクレーターレイクへ移動。

ちなみに、
クレーターレイクとは・・・
アメリカでもっとも深いカルデラ湖で、その水は透明度が非常に高く、
青以外の光を完全に吸収するため、湖の色が特別青くて有名な湖なのです。


ポートランドから約5時間・・・

というわけで、こちらがそのクレーターレイク。
c0077835_34436.jpg

この日は、山火事が発生したらしく、少しモヤがかかってますが、それでも青い!!

よく「レイクルイーズは、バスクリンを入れたみたい」って言われますけど、
こちらは、「ブルーレット置くだけを入れたみたい・・・」
c0077835_1312256.jpg


そして、本日の宿はこちら、クレーターレイク・ロッジ。
c0077835_1352249.jpg


実は、クレーターレイクは、国立公園に指定されており、
このクレーターレイク・ロッジが唯一、湖の真横に立っているホテルなんです。
(↓左の端っこに写ってるのがクレーターレイク・ロッジ)
c0077835_343025.jpg

なので、このホテルは大人気で、
僕たちも6月に予約を入れたんですが、その時すでにキャンセル待ち。

お部屋はこんなかわいい感じで、
c0077835_1374077.jpg


窓から湖もばっちり。
c0077835_1375698.jpg


僕たちは、キャンセル待ちにもかかわらず、湖が見える部屋がとれたんですが、
湖が見えない部屋の方も湖を楽しんでもらえるように、ちゃんと共通のバルコニーもあります。
c0077835_13103912.jpg


というわけで、この日は優雅に湖を楽しみながら、ドライブの疲れを癒しました。

続く
[PR]
前回の続き。

マルトノマの滝を後にして、
次に向かったのがオネオンタ渓谷(Oneonta Gorge)。
c0077835_3471033.jpg


このオネオンタ渓谷が僕がポートランドに寄った最大の理由でございます。

というのは、ある日ネットで「死ぬまでに一度は見たい世界の絶景」というページを発見して、興味深く見ていたんですが、
このオネオンタ渓谷にあるオネオンタの滝がその絶景の一つに入っていたんです。
なので、機会があったらぜひ行って見たいなと前から思っていたんです。

この渓谷、見かけは普通の渓谷という感じで、この川を上がっていきます。
c0077835_349788.jpg


途中、流木がアスレチックのようは状態になっているんですが、これを越えます。
c0077835_353544.jpg


流木のアスレチックを越えると、両側がコケに覆われた岩の壁が現れ、
なんとも神秘的な感じになってきます。
c0077835_354457.jpg


なんとなく宮崎の高千穂とか思わせる感じですよね。
c0077835_3515990.jpg


場所によっては、腰くらいまで水に浸かりますので、濡れてもいい格好でどうぞ。
c0077835_3522689.jpg


さらに進んでいくと、見えてきました・・・・
c0077835_3524032.jpg


オネオンタの滝!!周りをコケで覆われたなんとも神秘的な滝!
c0077835_3525456.jpg

アメリカ人のみなさんは、この滝の下で泳いだりしてましたが、水はちょっと冷たいかな・・・

このオネオンタの滝、滝を見るまでに流木を越えたり、腰まで水に浸かったりと、
ちょっとした試練の乗り越えて見に行くので、滝を見た時の感動は、普通の観光で見る滝よりも
断然大きいような気がします。

とにかく、死ぬまでに見たい絶景の一つが見れて、大変満足な1日でした。

続く。
[PR]
次の日、

ポートランドでの目的地、コロンビア渓谷へ。
ポートランド市内からだと車で30分くらいでしょうか。

まずは、1番有名なマルトノマの滝(Multnomah Falls)。滝の横には、レストランとお土産屋さんもあります。
c0077835_3284877.jpg


で、肝心の滝はこんな感じ。オレゴン州でもっとも高い滝だそうです。
c0077835_33395.jpg


もう少し近くに寄ってみると、2段になっている滝の間に橋がかかってます。
c0077835_3345190.jpg


僕らもこの橋の所まで上がってみました。
c0077835_335961.jpg


橋から下を見ると、こんな感じ。
c0077835_3353024.jpg


実は、この滝、さらに上まで上がれます。
こちら、滝の天辺の展望台。
c0077835_3362831.jpg


コロンビア渓谷が一望。
c0077835_3381851.jpg


この写真、滝が落下する直前のところですけど、下の方にぼんやり映っているのがさっきの橋。
c0077835_3384334.jpg


この日は、天気も良く気温も高かったので、滝の冷たい空気がとっても気持ちよかったです。
マルトノマの滝を十分に楽しんだ後、われわれは次の目的地、オネオンタ渓谷へ。

続く
[PR]
前回の続き。

旅行3日目は、シアトルからポートランドへの移動日。

シアトルで泊まったホテルについてふれておくと、
シアトルでは、ハイアット・プレイスというホテルに泊まりました。

このハイアットプレイス、ハイアットの廉価版と言いますか、
GAPで言うところのOLD NAVY的なポジションで、
ハイアットよりだいぶお安く泊まれます。

しかも、部屋はかなり広いですし、
c0077835_952748.jpg


ビュッフェタイプの朝食付き。
c0077835_945403.jpg


僕らが泊まった時のお値段は1泊180ドル。
シアトル・ダウンタウンは夏の観光シーズン真っ盛りで、ホテルはどこもいい値段がして、
普通のホテルでも150ドルとかするんですよね。それを考えると、部屋は広いし、二人分の朝食がついて
このお値段なら悪くないと思いました。

そりゃ、ハイアットに泊まらせてくれるなら、喜んで泊まりますけど、
自費なら正直これで十分かな・・・・(小市民いぇーい)

さて、シアトルのホテルを後にして、ポートランドへ出発する前に
宇和島屋へ寄ってみました。
c0077835_94671.jpg

この宇和島屋、すごいです・・・
T&Tよりも大きくて、品揃えがT&Tの日本食品とその他のアジア食品の品揃えの比率を逆にした感じ。
しかも、紀伊国屋も入ってて、日本の週刊誌とか月刊誌も普通に買える・・・

やっぱり、シアトルはバンクーバーと比べても日本人が多いんでしょうかね?

というわけで、宇和島屋に驚きながら、
シアトルを後にして、一路ポートランドへ。

シアトルからポートランドは車で3時間と言われていたんですが、
シアトル郊外の渋滞が激しくて、結局5時間ほどかかり、
その日の夕方にポートランドへ到着。

ポートランドでは、目的がダウンタウンではなかったので、郊外のホテルに泊まったんですが、
もしかして、ダウンタウンも見るかもしれないと思い、LRTの近くのホテルにしました。
c0077835_9465199.jpg

ポートランドは、カルガリーと同様にこんな感じのLRTの路線が何本も街中を走っております。

そして、その日の夜は、ホテルの人のオススメのレストラン
Famous Dave's BBQで食事。
これ、Dave's Famous Feastsっていうメニューなんですけど、メニューには2-3人分って書いてありますが、確実に3-4人分はあります・・・・
c0077835_9473243.jpg


というわけで、この日はお腹パンパンになってホテルに帰りましたとさ。

続く
[PR]
こんにちは。

前回、シアトル到着まで書きましたので、
今日はその続き・・・

ホテルにチェックインして、さっそくシアトルの町をぶらぶらしたんですが、
c0077835_1135469.jpg

シアトル、オシャレで素敵なんですけど・・・

誰?カナダでシアトルのことを、
「バンクーバーより怖い」とか、
「バンクーバーを汚くした感じ」とか言ってるのー!

僕はカナダ人の発するネガティブ・アメリカ情報を結構鵜呑みにしていたので、
シアトルの洗練っぷりに驚きでした・・

そして、夜ご飯はこちらShiro's suhi
c0077835_153317.jpg

ROYが事前にトリップアドバイザーか何かで調べて、
本格的なお寿司のお店でお値段もお手ごろということでここに決定。

これ僕のたのんだ寿司ディナー(これに味噌汁と酢の物もつきます)。
c0077835_155226.jpg

こちらROYの銀ダラディナー(こちらも味噌汁と酢の物つき)。
c0077835_161883.jpg

他にも、揚げ出し豆腐やイカの唐揚げなどもたのんだんですが(今日は写真が多いので割愛)、
ケロウナではなかなか食べられない本格的な和食でおいしかったです。

そして、
次の日は、観光の定番スペースニードル。
c0077835_101419.jpg


で、そのスペースニードルの下のお土産屋さんでこんな本を発見!
c0077835_174936.jpg

あ!この本の人は昨日のお寿司屋さんのオーナーだ!
昨日のお店は、本が出るくらい有名だったですね・・・。

続いて、パイク・プレイス・マーケット。(これも定番)
c0077835_1131995.jpg


ここでフィッシュサンドイッチを食べたり(中身はサーモン)、
c0077835_163610.jpg


クランペットを食べたり、
c0077835_193183.jpg


ちなみに、クランペットはイギリス発祥の軽食パンで、こんな感じでわっかを使って焼きます。

c0077835_194489.jpg

焼きあがったパンの上に、ジャムやバターをのせて食べるんですが、
この店では、何十種類ものトッピングがあり、
c0077835_195334.jpg

上の二つは、メイプルバターのクランペットとマーマレイドのクランペット。

このクランペット、表面はカリっとしていて、中はモチモチした感じでおいしいです。
ぜひおためしあれ。

そして、最後は、シアトルと言えばコレ、チャウダー。
c0077835_110567.jpg

本当は、マーケットで食べようと思っていたんですが、
マーケットの方は激混みで、しかも案外早く店がしまっちゃうということで、
マーケットのお店がやっているダウンタウンの店舗で食べてきました。
c0077835_1101552.jpg

こちら、チャウダーのサンプラーのセット。
数種類あるチャウダーのメニューから4種類のチャウダーを食べ比べることができます。

この4種類のチャウダー、どれもかなりおいしかったですよ!
チャウダーって普段あんまり食べないですけど、
やっぱり、ちゃんとしたところで食べるとおいしいですねー。

というわけで、シアトルでの滞在は食に始まり食に終わった感じでした・・・

次回は、もう少し食い意地を抑えて、教養的な旅にしたいと思います・・・・

つづく
[PR]
というわけで、ただいまです。

今回は、こんな感じで
c0077835_341881.jpg

Fのケロウナを出発して、シアトル→ポートランド→クレーターレイク→ワシントン州ヤキマ、そしてケロウナへ戻ってくるというルートでドライブしてきました。


まず1日目、
朝、ケロウナを出発しまして、昼ごろにアボッツフォードのボーダーに到着。
c0077835_313674.jpg


ボーダーはこんな感じで、日本の高速の料金所のような感じ。
カナダ人は、パスポート見せていくつか質問に答えたら、そのままピューって感じで終わりなんですが、
僕は日本人なので、このゲートを向こうにある駐車場に車を泊めて、建物の中で、
I-94を記入して6ドル払いました。
c0077835_320215.jpg


ボーダーでは、待ってる時間も含めて1時間ほどでした。

そして、いよいよアメリカ入国!

まず、印象的だったのが、物価が安い!
c0077835_3134050.jpg

ビッグマックのセットが4.99ですって・・・

ガソリンは、ガロン表示なのでいまいちよくわからないですが、同じくらい?
c0077835_3142738.jpg


あと、アメリカに入国して慣れるまで時間がかかったのが、このマイル表示。
c0077835_3145446.jpg

単純に1マイルとか2マイルって言われると、頭の中で1.6をかけてキロになおすんですが、
こんな感じで分数とのコンビネーションの標識も多くて・・・ややこしい・・・

そんなこんなで無事に1日目は夕方無事にシアトルに到着です。(ホテルからのシアトル)
c0077835_3454814.jpg


長くなってきたので次回へ続く・・
[PR]