どうも!みなさまお久しぶりです。

こないだまでのChinookで、キレイさっぱり溶けた雪が、
昨日また積もりましたねー。

基本的に僕は雪は好きなんですよね、
特にカルガリーの雪はサラサラしてて気持ちいいし・・。
何より、雪かきがラク!!
小麦粉みたいなのでホウキでさっと掃いちゃえばおしまいなんです。

が!が!!! それは、「通常は」の話!!!

昨日は、不幸にも(?)午前中気温が高かったせいで、地面が暖まっていて、
午後から降った雪が、半分溶けて、夜になってまた凍ってで、路面最悪になってます・・。
しかも、半分溶けて凍った雪は、雪かきしにくーい!!!
あまりにも、凍ってるところは、
c0077835_0435247.jpg
Ice Melterかけちゃうんですが、
あんまり、使いすぎると環境によくないかななんて
考えちゃって、一応、完全に凍り付いてるところだけ
使って、あとは手作業で・・・




本当は、面倒くさいんで、次のchinookで、
勝手に溶けるまでほっときたいんですが、

この作業やらなきゃいけないんです・・・。

僕は日本で雪国に住んだことがないので日本のことはわからないんですが、
ここでは、自分の家の前の歩道も雪かきの義務あり・・・。

たぶん、雪かきをしてなくて、歩行者が滑って転んだら、
雪かきサボったその家の人にも責任ありみたいなんですよね・・・

なので、うちの前の道路では、朝起きた家から順に雪かき始めるんです。
c0077835_0393866.jpg
みなさん、自分の家の前だけキッチリと雪かきするので
こんな風にマダラ歩道になります・・・
いかにも、自分のところの分担はやりました見たいな・・・。

逆に、サボってると近所の人の目がイタイです・・・。
なんだよー、お前んとこの前だけ白いじゃねーかみたいな・・・。

あー、そろそろ近所の目がイタくなってきたんで、
僕もそろそろ雪かきはじめます・・・。
[PR]
いやー、昨日のカルガリーは暖かかったですね。
おかげで、雪もかなり溶けましたね。

で、そんな暖かな日曜の夕食は、
前々から気になってたMontana's Cookhouseへ。

何故、気になってたかというと、ケンジントンを歩いていると
Montana's Cookhouseの大きな看板があるんですよ・・・
秋のキャンペーン中っていう・・・(一応秋なのかな・・・今・・)

で、いつ終ってもおかしくないその秋のキャンペーンが終らないうちに、
そのキャンペーンミールを試しに行ってきました。

c0077835_24141.jpgc0077835_242913.jpg









ここMontana's Cookhouseは、リブとステーキがメインのチェーンなんですが、
The KEGやTonyRoma'sに比べると一段お安いファミレス風Cookhouseです。
内装も、モンタナ州のカントリー風を意識してるんだと思うんですが・・・

ただねぇ・・・
カナダメインのチェーンでモンタナ州に店舗ないんですよね・・・・。
親会社がチキンでおなじみのカナダチェーンSwiss Chaletと同じ会社なんですが
この会社どうも、
レストランの名前には、それっぽい地名つけとけーみたいな風潮なんでしょうか。
Swiss Chaletと同様、モンタナにはないけどモンタナ風みたいな・・・。

とりあえず名前はいいとして、肝心のセットの内容へ。

その秋のスペシャルセットは、たしか18ドルくらいだっと
思います(ごめんなさい、正確な値段忘れちゃった・・・)

で、内容は
スープ。
ポテトか野菜かライス。
バーベキュービーンズもしくは、コールスロー。
リブもしくは、ステーキ。
デザート。
といった感じ。
c0077835_245596.jpgc0077835_251393.jpg










左は、スープの写真なんですが、手前が僕の頼んだチキンスープ、
奥がROYが頼んだ、ビーフスープ。
スキンスープは、普通のチキンスープって感じですが、
ビーフスープはバーベキュー風でおいしかった!こっちのほうがオススメです!

右の写真は、メインの写真なんですが、
僕は、リブとバーベキュービーンズとベイクトポテトにしてみました。
ROYもほとんど一緒でリブのソースの味が違うだけだったんで割愛です。
このMontana's Cookhouseでは、ステーキよりリブに力が入ってる
ようで、なんかのアワードをとったってホームページに載ってので、今回は
リブにしてみました。

その肝心のリブなんですが、おいしい!!!しかも大きい!!
さすが、なんかの賞とっただけあって、おいしいです!!
ソースも4種類から選べて、なかなか凝ってます。

で、最後にデザートなんですが、
Apple Cobblerという、リンゴのパイのようなそんなお菓子がでてくるんですが、
これが・・・

甘い!!! めちゃくちゃ甘い!!
これぞ、究極のカナダ人のお菓子の甘さというくらいに甘い!!
最近、結構カナダのお菓子で舌が麻痺してる僕でも甘い!!

しいてたとえるなら、リンゴ風味の砂糖菓子・・・・。
もしくは、粉末リンゴジュースの素をそのままなめてるような甘さ・・・。

さすがに、これは僕でも残してしまったんで、
これから、このセットをたのむ方は、デザートは期待しないでくださいね・・・。

あと、セットの自体のボリュームもかなりあるので、かなりお腹をすかせてから
いってください。

一応、ホームページはこちら(カルガリーには4店舗あります。)
http://www.montanas.ca
[PR]
c0077835_14535.jpgハロウィンの日の夜、映画に行く前、ROYに夜ごはん何食べるか聞くと、返ってきた答えは「The KEG」。
僕としては、もっとハロウィンと関係ある答えが返ってくるかと思ったら、そうでもなかったです・・・。ROY曰く、「夏はスーパーでお肉を買ってきて、自分ところでバーベキューで焼いて食べてたけど、さすがにこの季節、もうバーベキューは寒くてムリ!!
その結果、ステーキを食べる回数が極端に減ったので、今日はステーキが食べたいと」・・

というわけで、行ってきました。カルガリアンにはおなじみの
ステーキハウス「the KEG」(別にアルバータじゃなくてどこでもあるんですけど・・)

昔は、単品のメニューしかなかったそうなんですが、
最近は、ディナーセットみたいなものもあって、お手軽になったってROYが
言ってました。
今回、僕らもそのディナーセットに挑戦してみました。
c0077835_141967.jpgc0077835_143636.jpg









左は、セットについてくるパン(二人分)
カナダのレストランってどこもそうなんですけど、パンがすごくおいしいですよね。
これってやっぱり、日本人が米にこだわるのと同じなんですかね・・。
ここのパンも、他のレストランと同様すごくおいしいです。

右は、シーザーサラダ。
このシーザーサラダもすごくおいしかったです。
インスタントな感じがしなくてよかった。
シーザー苦手な方は、ガーデンサラダも選べます。

c0077835_1449100.jpgc0077835_152048.jpg









で、メインのお肉なんですが、
左は、ROYが頼んだサーロインステーキとベイクトポテト。
右は、僕が頼んだ、ニューヨークスタイルステーキとベイクトポテト。
ポテトは、他にもフレンチフライや、マッシュポテトも選べますが、
ベイクトポテトがここの一押しらしいですよ。
お肉もKEGのオリジナルのスパイスがよく効いていておいしかったです。

で、お値段のほうも、
ROYのサーロインなんて、パンもサラダも全部含んで22ドルですから、
ステーキハウスの割りには安い(まぁ、チェーンですから・・)。
僕のは、29ドル。

というわけで、たぶんかなりの方は、行ったことあると思うんですが、
行ったことない方、もしくは冬に日本から友達が来て、
その友達が「カナダに来たからステーキ食べたい」と言った際には、
連れてってあげてください。
[PR]
昨日は、ハロウィンでしたね。

うちの近くに、本格的なハロウィンハウスがあって、
庭に無造作にシャレコウベが転がってるんですよね・・
窓からは、血が滴った骸骨がのぞいてるし・・・・
怖いんですけど・・・。早く片付けてください・・・。

で、うちのハロウィンはというと、
うちもジャンキーが家の前に、カボチャやキャンドルを飾って、
まわってくる子どものために、ビスケットのバスケットを
置いてありました。(子どもにまじって、ROYに半分くらい食べられてるとも知らず・・・)

一応、うちもバスケットを置いてはいるものの、
最近の子どもはあんまり近所まわらないらしいですね。
モールとかで済ましちゃうそうです。

賢いでしょ。(いや、親が賢いのか・・)
chinookモールとか行くと、仮装した子どもが店を回って
おかしもらってるんですよ。(店のほうもお菓子やノベルティグッズなんかを
ちゃんと用意してる。)

確かに、モールの中だと、暖かいし、安全だしで一石二鳥なんでしょうけど、
そんなの、軟弱です。そんな、温室育ちはダメです。

カルガリーっ子なら、やっぱりマイナス15度の中、唇を紫にしながら
近所回って
「お菓子くれなきゃ、家の前で凍死するぞ、コラァ」
ぐらいの勢いで来て欲しいもんです。
そうやって、手に入れたお菓子にこそ価値があると思いません?

と、そんな今年のハロウィン。

僕たちは、お菓子もらいに近所を回るわけにもいかないので、
映画を見に行きました。

ハロウィンにちなんで、ホラーな「The grudge2」
呪怨のハリウッド版の第2弾。
1がそこそこ面白かったんで、期待して見にいったんですが・・・。

感想はというと、
たしかに怖いです。ROYが椅子から何度か、
こけそうになってましたから・・・・。

けど、1の方が怖かったかなー。
1は、日本的な感じる怖さって感じで、
2は、ハリウッド的な見せる怖さが強調されてたような。

それと、1を見てないと、2からだとおもしろさ半減かな。
なので、1を見てから、2いってください。

けどねー、1の時もそうだったんですが2もホント救いのない結末・・・。
これ見たカナダ人の友達が、「日本怖すぎ・・絶対行きたくない」って
言ったのもわかるような・・・・。

一応、ホームページのアドレスこちら。
http://www.sonypictures.com/movies/thegrudge2
[PR]
昨日は、雪で路面が悪かったので、徒歩でジムへ。

その帰り、雪とガチョウの写真を撮ろうと、
Prince's Island Park(この名前がどうも、赤毛のアンの島の名前とごっちゃに
なるのは僕だけ?)へ

ガチョウの写真を撮ろうと、川を眺めていると、なにやら見慣れぬ物体が、
木切れの上に乗ってるではないですか・・・・
c0077835_14467.jpg


ズームでよって見ると、こんな感じ・・・
c0077835_131323.jpg

ネズミ??

僕も、木切れに乗ってる時は、ネズミの友達かと思ったんですが、

次の瞬間、
c0077835_181945.jpg

スイスイ泳いどる・・・
いやー、ネズミだったらそんな冬の川で泳いだりしないでしょう・・・
c0077835_194535.jpg

しかも、コヤツ潜りよる・・
どうやら、小魚なんかを獲ってるようです・・・。

これは、さすがにネズミじゃないなぁ。
かといって、ビーバーにしては小さすぎだし・・・。

帰宅後、自称カルガリーなんでも博士のROYに聞いたところ、
muskratだそうです。
辞書で調べると、北米産のビーバーに似たネズミ科の動物って書いてありました・・・。

というわけで、ネズミっぽく見えて、ビーバーっぽい行動をしてたのも納得かな・・。
それにしても、いつも気になってた公園の西端の川の中にあるビーバーの家っぽい
ものは、muskratの巣だったんですね・・・・。どうりでビーバーが住むには小さいわけだ・・。
[PR]