オールドフェイスフルインにチェックイン後、ホテルの真ん前にある間欠泉オールド・フェイスフル・ガイザーへ。
c0077835_05304720.jpg
もちろん、こちらがイエローストーンの顔ですので、大人気です。時間が近づくとガイザーの周りは人だかり。
c0077835_05314899.jpg
このガイザーは、約90分に1回噴出します。

普段は、こうやってチョロチョロと湯気が出てるだけなんですが、
c0077835_05322070.jpg
時間になると、

ドカーン!!!
c0077835_05325800.jpg
時間にして2~3分くらいですかね。

夕方別の角度からもう1枚。
c0077835_05311105.jpg
噴出が終わると、みんなお土産屋さんに行ったり、食事に行ったりと蜘蛛の子を散らすようにいなくなるんですが、
また時間が近づいてくるとどこからともなく集まってくると・・・

あと、
このオールド・フェイスフル・ガイザーの辺りから、こんな感じで遊歩道が伸びてまして、
遊歩道の両側には小さめの温泉や間欠泉なんかが間近で見られます。
c0077835_05365284.jpg
こんな風に触れそうなんですが、触っちゃダメよ。めちゃめちゃ熱いから・・・
c0077835_05381551.jpg
これ、前回の僕らの部屋から見えてた間欠泉です。
オールドフェイスフルより小さいですけど、まあまあの高さまで吹き上がっております。
c0077835_05392444.jpg
そして、その遊歩道の終点(終点までダラダラ写真撮りながら歩いて1時間くらい?)には、

出ました、僕が思うイエローストーンで絶対見ておけトップ4の1つ、モーニング・グローリー・プール。
c0077835_05360482.jpg
モーニンググローリーとは朝顔のことで、朝顔の花のような湯だまりということですかね。
上に写真を載せた通り、普通の湯だまりは一色のことが多いんですが、
ここはグラデーションしているのが特徴です。
なんでも、イエローストーンの温泉には、熱水に住む細菌がいるそうで、その温度によって住む細菌が違い色が違ってくるそうです。
この温泉は、ちょうどうまい具合に深さによって温度が違い、細菌が棲み分けしており、
このようなグラデーションになっているのだとか。

ちなみに、僕が思うイエローストーンの必見あとの3つは、
先ほどでてきましたオールド・フェイスフル・ガイザー。
そして、
明日出てきます、グランドプリズマティック・プールとマンモス・テラスです。

というわけで、これで3日目終了。



[PR]
オールフェイスフルインの続き。

我々の部屋は、ラッキーにも3階(3階までしかない)
吹き抜けの部分から繋がった廊下を通って客室に向かいます。
c0077835_03283663.jpg
そして、こちらが我々のお部屋。なんとも雰囲気のあるお部屋!
c0077835_04104493.jpg
バスルームもオサレ(使いやすさは別として)
c0077835_04111468.jpg
石鹸が熊さん・・・(この石鹸はお土産やさんでも買えます)
c0077835_04112704.jpg
窓からは、間欠泉も見えており、1日に何度か間欠泉が噴出しているが部屋から見えました。(窓に網戸が入っており、網戸越しの写真ですんません)
c0077835_04121800.jpg
次回のブログと時間が前後しますが、
この日の夕食は、ホテルのダイニングルームでバイキング。
c0077835_05581134.jpg
公園内で食事する所が少ないのもあいまってか、このダイニングルームも大人気でしてね、ホテルの予約を入れた時についでにこちらも予約したんですけど、その時点で5時半しか空いてない言われました。(5時半って・・老人かってね)
c0077835_05585024.jpg
レストランの中は、メニューから頼んでいる人とバイキングしてる人で半々くらいですかね。
一応、チキンや魚もありましたけど、ローストビーフをその場で切り分けてくれるんで、たぶんそれがメインかと。なかなか美味しかったですよ。

明日は、ついにイエローストーンのメイン。間欠泉オールド・フェイスフル・ガイザーのお話いってみたいと思います。

[PR]
3日目

この日は、ビュートからイエローストーンを目指すんですが、時間にして3時間ほどなんで午前中に到着予定です。

ちなみにですけど、うちは、ダラダラ観光しながらだったんで2泊してますが、
寄り道なしなら、ケロウナからイエローストーンは間1泊で全然いけます。
(カルガリーからなら早朝に出たらその日のうちに着くんじゃないですかね)

話を戻しまして、
景色も、荒涼とした風景から緑豊かなのどかな感じに変わって来ました。
c0077835_03585884.jpg
予定通り、3時間ほどでイエローストーン国立公園のゲートに到着。公園の入場料は、7日で30ドルなり。(たとえ、3日しかいなくても30ドル・・・)
c0077835_03590880.jpg
ただねぇ・・このゲートが激混み・・・・

これは、帰りに反対車線から撮った写真ですけど、ゲートに到着するまで、
こんな感じでずらーっと車の列が・・・・
c0077835_04001119.jpg
ゲートを通過した後も、中のインターセクッションまで渋滞が続いてまして、普通に走れるようになるまで1時間くらいはかかるかと。(それを避けるには、朝早くゲートを通過するか、夕方以降かどっちかですね。)

そして、ついにホテルに到着!!
オールドフェイスフルイン。ROYが1年以上前に予約したホテルでござる。
c0077835_04003651.jpg
イエローストーンの象徴的なホテルで、
中はこんな感じの山小屋風の吹き抜け。その両サイドに客室があります。
c0077835_04094295.jpg
このホテル自体が観光名所になってまして、お昼は観光客でいっぱい!!
c0077835_04015107.jpg
夕方以降は、ホテルの宿泊者だけになってしまうので、
のんびりと山小屋の雰囲気を楽しむことができます。
c0077835_03214904.jpg
明日は、客室について書きまーす。


[PR]
2日目

この日は、ワシントン州スポケーンから、アイダホ州をぬけて、モンタナ州ビュートを目指します。

朝、スポケーンを出発して、しばらく走ると、アイダホ州に入るんですが、

ROYがアイダホで寄りたい街があるというので、ちょっと寄り道です。

名前をコー・ダリーン(Coeur d'Alene)と言います。名前がややこしくて色んなカタカナ表記があるんですが、一応WIKIに載ってる通りにしておきます。
c0077835_02524682.jpg
湖の真横にある観光地で、湖の真横にホテルなんかある感じも、
まさにケロウナのアメリカ版。

通りもオシャレで、かわいいお店が並んでおりますよ。
c0077835_02531800.jpg
ここのカフェで、コーヒーを飲んでちょっと休息。ROYと宿泊地は、スポケーンじゃなくて、ここでも良かったねーなんて言いながら、短いコー・ダリーン滞在を楽しみまして、
c0077835_02541281.jpg
再び、ドライブ再開。

モンタナ州に入ると、また景色が荒涼としてきます。
c0077835_02552197.jpg
そして、順調に本日の宿泊地、
モンタナ州ビュートに到着。
c0077835_02554093.jpg
ビュートの街、建物がたくさんあって大きな街に見えるんですが、

実は、ほとんどのビルは廃墟。正直、映画のセットみたいです・・・
c0077835_02555672.jpg
ピークは、1917年で、
当時は、鉱山の街として大いに栄えたそうですが、(シアトル・ミネアポリス間で最大の街だったとか)、

他の地域の銅に押されて、徐々に衰退していったそうです。
今は、なんとか建物を再利用して、街の再開発に取り組んでいる最中という感じでしょうか。
c0077835_02563334.jpg
街には、鉱業博物館がありまして、当時の様子を知ることができます。

という感じで、
ビュートの街を少し観光して、

本日の夕食は、モンタナクラブ。
c0077835_02571900.jpg
モンタナグルメと言えば、ビーフ。というわけで、モンタナビーフのお店です。
c0077835_02574961.jpg
この日はステーキとエビ。


[PR]
まだ1日目です。

ワシントン州を走ること数時間、
川の向こうになんだか大きな構造物が見えて来たんです(写真だと霞んでて見えにくいですね)
c0077835_02071764.jpg
道路がその構造物の横を通るんですが、
それが、コレ。
c0077835_02074363.jpg
超巨大ダム・・・
真横に、ビジターセンターがあったので、寄ってみたんですが、

名前をグランドクーリーダムと言いまして、アメリカでも最大級で、特に有名なダムの一つだとか。
このダムの上が道路になってまして、ダムの上をバスで走るツアーなんかも開催されてます。
(興味ある方、ウィキにこのダムの詳しいことが日本語でも載ってますので、どうぞ)


そんなこんなで観光も楽しみながら、
最初の宿泊地スポケーンに着いたのは、夕方4時くらい。
c0077835_02084030.jpg
スポケーン、大きい・・・
ケロウナよりはるかに都会・・・

夕食の時間まで、まだ時間があったので、
カナダにはない噂のスーパーTrader Joe’sに行ったんですが、

アメリカ、乳製品安いよね・・・
いや、乳製品だけでなく、基本的に物価がカナダより安い・・・

Trader Joe’sで普通に買い物してしまいました・・・


最後に、この日の夕食は、
Royがどっからともなく情報を仕入れてきて、行きたがっていたレストランFrank's diner。
c0077835_02081493.jpg
このレストラン、かわってまして、
昔の大統領専用の汽車の車両をレストランにしてあります。

だから、中はこんな感じ。
c0077835_02090498.jpg
食堂車がそのままダイナーになった感じですかね。
c0077835_02092640.jpg
なんか、こういう所で食事するだけで、ちょっとワクワクしますね。
c0077835_02095290.jpg
ROYはターキー、僕はステーキを頼んだんですが、
ROYのターキーはすごく柔らかくて美味しかったですし、僕のステーキについてたペッパーソースがこれまた絶妙でした。

もし、スポケーンに行かれることがあったら、
こちらのダイナー、おススメです。



[PR]