こんにちは、

ちょっと春らしくなって来たケロウナです。

今回の日本帰省は、
いつも通りで特に書くこともないんですが、

奥飛騨温泉の話題をちょこっとだけ・・

今回、奥飛騨の新穂高温泉まで行って来ました。

こちら、ホテルからの眺めですけど、3月なのにまだまだ雪深いです。
c0077835_04163066.jpg
大阪からはなかなか遠くて、
新幹線で名古屋まで行って、そこから特急飛騨で高山まで約2時間半、さらにそこから路線バスで1時間半というなかなかの山奥です。

なのでほら、
ホテルの真横の木にもサルがいます(見にくいですが、木に3~4匹座ってる)

c0077835_04164839.jpg
この辺の名物は、温泉とロープウェイ。
温泉は、こんな感じで川の真横に各旅館の露天風呂が並んでる感じですかね。

c0077835_04171100.jpg

そして、温泉ともうひとつの名物、ロープウェイ。

c0077835_04181917.jpg
この日は、晴天ということもあってなかなかの人でした。

ロープウェイも10分に1本のフル営業。

前にも載せましたけど、
確かに、山頂からの景色は見応えあります。
c0077835_04185654.jpg
観光客の皆さんは、思い思いに写真を撮っておりますが、
なんせこの日はマイナス8度・・・さすがに30分が限界・・・
c0077835_06123452.jpg

うちもある程度、雪山を楽しんで降りてきて、
次の観光地、高山へと向かいましたとさ(高山は2年前に行ったので省略)


それにしても、
ここも外国人の多いこと・・・

ロープウェイもたぶん、三分の一くらいは外国の方でした。

みなさん、どうやってこんなとこ見つけるんでしょうね?

京都や奈良ならわかりますけど、

日本人の僕だって初めて行くようなとこですよ!

みんな、初めての日本旅行でこんなとこまで来るの??
それとも、すでに何度も来て色々周って、残すところはココのみ!みたいな?

こんな山奥にあれだけの外国人がいるのは謎です・・・





[PR]
こんにちは、

やっとクロッカスが咲き始めたケロウナです。
例年だと、2月下旬なんですが、
今年は、寒いし雪が多いしでだいぶ遅いですね・・

さて、
日本でしてきたことなんですが、

冬の味覚と言えば、カニ!!
お友達が手頃なカニツアーを見つけてくれたので、参加してきました。

大阪から日帰りで、京都の日本海側、天橋立まで行ってカニを食べるツアーでございます。

大阪を出たのが、9時前でお昼頃には天橋立到着。そして、すぐにお昼ご飯!!
c0077835_06213917.jpg
カニツアーだけあって、カニ尽くしです・・・

まあ、美味しかったんですが・・・

問題は、ツアーの時間がキュウキュウでして・・・
食事の時間が1時間なんですよ・・・

普通の食事なら1時間で楽勝ですけど、
問題はゆでガニが丸一匹ついてたんで、これに時間が取られましてね・・

気が付いたら10分前・・・

最後の方は、早食い選手権に出ているような感じで、
楽しくご飯がたべられなーい!!

あと、われわれの前におっさん二人が座ってたんですが、
おっさんカップルかな?なんて思ってたら、
途中で嫁がうんぬんと話してるし、

嫁いるのに、おっさん二人でカニツアー?

どういう関係が気になって自分の食事に集中できない・・(大きなお世話ですね・・)


で、食後は天橋立へ・・・
c0077835_06215437.jpg
せっかくここまで来たなら、天橋立のあの細長い感じを上から見たいところなんですが、
そこはカニツアー・・食べること以外に重点が置かれていませんから、
天橋立は横からチラって見て終わり・・・(これなら、普通の向こう岸にしか見えない・・・)

そして、最後は、美山かやぶきの里という、白川郷を一回り小さくした感じの村を見学して終了。
c0077835_06224364.jpg
ツアーガイドの方が「白川郷はもう商業化してますけど、ココは普通に人が暮らしてます!!」と力説してましたが、
僕らは、ここのカフェになってる家でコーヒー飲みましたけどね・・

そして、ここを出発して、
夜7時ごろには大阪に到着しておしまい。

少し慌ただしかったですけど、
9000円で一日遊べて、なかなかのコストパフォーマンスでした。

次回は、他のツアーにもぜひ参加してみたいものです。






[PR]
こんにちは、

Daylight Saving Time、通称サマータイムが始まったしまったケロウナです。

またまた前回の続き・・・


東京で当日乗り換えができなくなったので、
東京で1泊をチョイスして、6時間遅れのバンクーバーからのJAL便に乗り込んだわけですが(詳細は、東京についてから地上係員に聞いてくれと)

これって、
ちょうど5年前のこの時期にエアカナダのフライトでまったく同じことがあったんですよね・・・
(東京の乗り換えに間に合わなくて、ホテルで1泊になった)

でもね、

結果から言うと、
JALの方が対応が良かったですね。

まず、JALは、バンクーバーで15ドルのミールクーポンが出ましたし、
成田に到着後、
飛行機を降りたところにすでにカウンターが設置してありまして、
僕の名前も大きく張り出してありました。

で、カウンターで名前を告げると、すでに次の日の航空券、ホテル予約券、そのホテルまでのシャトルバスの券、
次の日の朝の朝食券、さらに、その日の夕ご飯代現金2000円が用意されており、
ものの1分で手続き完了。
そのまま空港からシャトルバスに乗って、9時過ぎにはホテルにチェックイーン!!

5年前のエアカナダの時は、到着後、1時間以上待たされた挙句、空港からかーなり遠いホテルに自力で行くように言われ、
交通費の清算は後で各自でエアカナダと交渉してくれと・・・(あと、食費も出なかった)

というわけで、
今回はJALのおかげで、東京1泊になったにもかかわらず、
そんなにストレスを感じることもなく、次の日に実家に到着というわけです。



あ、あと
これは、遅延の件とは関係ないですけど、
今回、一人だったんで座席はどこでもいいやと思い、自分で選ばなかったんですが、
行も帰りも非常口の席に当たり、足伸ばし放題でした・・

座席の前のスペースは広いし、食事もおいしかったし、遅延の対応も良かったしで、

ホント、ストレスフリーな移動でした。

またJALで帰ろっと・・・


おまけ
c0077835_02290250.jpg
泊まった品川のホテルからの朝焼け。東京は都会だ・・・




[PR]
こんにちは、

今日からサマータイム!!のケロウナです。


前回の続き


で、何事かとJALのカウンターへ行ってみると、

JALのスタッフ曰く、

僕は、成田到着後、大阪便への乗り換えがあるが間に合わないと(でしょうね・・6時間遅れですからね)。

成田で乗り換えのある方には、30分違いで定刻出発するエアカナダの成田便への振り替えを案内していたが、
あなたはアナウンスに反応してくれなかったから、残念ながらそれも出発してしまいました・・・ですと・・

なんと!そんな裏ワザがあったのね!?

いやいや、暇だったから、エアカナダのその便が出発するの横で見てたよ・・・
ゲートに来ておとなしく待ってたら、あれに乗れたんか・・

とにかく、その選択肢も消えたんで、
残る選択肢は、

深夜の関西空港便(大阪空港は深夜は飛べない)、
新幹線、
もしくは東京で一泊ですと・・

まあ、関西空港は、深夜に到着されても実家まで帰る交通手段がないし・・・

新幹線は、一応飛行機は、夜8時に成田到着予定で、がんばれば9時過ぎの東京発の新幹線に乗れないことはない?って
JALの人は言うんですが、でもリスキーやよね・・。しかも、大型スーツケース抱えて・・・

というわけで、
まあ、一番妥当な選択しは、東京で1泊かと思い、
それでお願いしたわけです。


もう1回、続く・・・









[PR]
というわけで、ただいまです。

まあ、2週間ではほとんど変わりませんよね・・・
行く前とほぼ同じです・・・


さて、ぼちぼち日本のことも書きはじめようかというところなんですが、

今日は、行の飛行機について。


今回は、JALだったんですが、

朝、ケロウナの家を出る時、

飛行機の運航状況のサイトをチェックすると、
すでにバンクーバー・東京便が6時間遅れとの情報・・・

バンクーバーに住んでたら、
家をでるのを6時間遅らせればいいだけですけど、

そこは、ケロウナ・・・

ケロウナ・バンクーバー便は、時間通りの運行なんで、

バンクーバーで6時間待ちが分かっているにもかかわらず、
定刻に家を出なければいけないわけで・・・(あぁ、負け戦とわかってるのに敵陣に突っ込む武将のよう・・)

で、バンクーバー空港に予定通り到着したわけですが、

まあ、ゲートに行っても仕方ないので、フラフラといろんなお店で時間をつぶしてから、
ゲートに向かったわけですが、

ゲートに到着するや否や、

僕の名前を呼ぶアナウンスが・・・


つづく


[PR]