人気ブログランキング |

カテゴリ:オカナガン観光( 24 )

こんにちは、

さて、秋分の日と言えば、僕とROYが初めて出会った記念日でございます。

もう14年も経つんですねぇ・・...( = =) トオイメ目

大阪で会って、気が付いたらカナダの田舎で暮らしてる・・・( ゚Д゚)

というわけで、
今年の記念日の食事は、
ミッションヒルワイナリーのテラスレストラン。
c0077835_08193138.jpg
本当は、夜に行こうと思ったんですが、
夜だとすでに日が暮れるのが早くて、景色を楽しめなかったら嫌なので、昼に行って来ました。

レストランは、細長いこの建物です。
c0077835_08084081.jpg

中はこんな感じ。
細長い通路のようなところにテーブルが並んでおります。
c0077835_08104007.jpg
この日は、シェードが降ろしてあって、外から中はよく見えませんけど、
中からは、外の景色は十分に楽しめましたよ。
c0077835_08121743.jpg
前菜のトマトと自家製リコッタチーズ
c0077835_08342161.jpg
自家製リコッタチーズがすごくマイルドで美味しい!!おススメ!

同じく前菜、ワイルドシュリンプのなんたら・・
c0077835_08351358.jpg
これは、普通かなー。


で、メインは、本日の魚。(日によって違うらしいですけど、この日はトラウト)
c0077835_08153324.jpg
魚がムニエルのような感じになってるんですが、焼き加減がすばらしい。文句なしです。
あと、野菜と極厚のベーコンが添えてあるんですけど、このベーコンが激ウマでした。
ベーコン単品で一品作ってもいいくらい。


デザートは、チーズケーキ。(上に色々乗ってるのでチーズケーキ自体が見えませんけど)
c0077835_08162292.jpg
上に乗ってるのが、蕎麦の実のクランブルとプラムのワイン煮だったと思うんですけど、
もうどれも絶品!


いやー、よかった。
ランチ美味しかった・・・

確かに、少しお値段お高めかもしれませんけど、
この雰囲気まで含んでの値段なら、全然ありだと思いました。

もし、たまーにオカナガンに遊びに来られるなら、
ここのレストランで雰囲気まで含めた食事を楽しまれるといいと思います。
c0077835_08363024.jpg
この日は、ちょっと曇り空でしたけど、それでも、ここからの景色は素晴らしいー。
c0077835_08372119.jpg
すでにブドウも出来上がりですね。
c0077835_08182062.jpg
ただし、
このレストランの難点は、テーブル数が少ないことでしょうかね。

うちは、数日前に予約してから行きましたから、問題なかったですけど、
僕らの前にいたグループは、予約をしておらず、本日は予約でいっぱいでまったく空きがないと
断られていました。

というわけで、
ぜひ、予約してから行きましょう。(オンラインでも予約できますから)





こんにちは、

さて、ケロウナの7月と言えば、チェリーの季節。
というわけで、すでにうちも2回ほどチェリー狩りに出かけております。


ケロウナ市内でチェリーピッキングができるのは、僕が知ってるのは5か所で、
(他にも、ウエストケロウナやレイクカントリーにもありますが、行ったことないです)

東ケロウナに2か所と南ケロウナに3か所。

東ケロウナの2か所は、
  • Kempf orchards
  • Arndt Orchards

南ケロウナの3か所は、

  • Mike & Lizzy's Cherry U-Pick
  • Lakeside orchards
  • sun city cherries

感覚的にですけど、
東の2か所の方が商業的ですかね。

というのは、

東ケロウナの2か所は、HPもしっかりあって、
HPに何がいつ頃収穫できるかも書いてありますので、
遠くから観光に来られる方にとっては、事前にスケジュールを組みやすいかと思います。

あと、チェリーの種類も色々と植えてあるので、自分のお目当てのチェリーをピンポイントで収穫できます。

ただ、
観光客向けに情報が整ってる分、観光客多し。そして、お値段少しですけど高め。

南ケロウナの3か所は、

Mike and Lizzyはフェイスブックのページがあって、ある程度分かりますけど、
あとの二つは、まったく情報なし。Sun city もファイスブックはありますけど、やってるかどうかすらわかりません。

この南の3つは、どっちかというと自分たちの収穫のついでにU-PICもやってる感じでしょうかね?
自分で収穫したい人は、どうぞー。みたいな。

あと、観光客用ではないので、そんなに色々な種類は植わってないです。同じ種類の木がドーンと一面植わってる感じ。
まあ、チェリーの生産には2種類以上の木が必要ですから、2から3種類くらいは植わってますけど、基本ダークチェリーのみですね。

そういう感じで、あまり観光農園という感じではないので、
直売価格でお安い。
今日行ったMike and Lizzyなんか1LBで2ドルでした。

一応、日曜日に行った時の写真を載せるとこんな感じ。(Mike and Lizzyね)

入り口で、バケツを渡されて、いざ出陣。
c0077835_01502453.jpg
実がなり過ぎて、自分の重さで枝が折れそう・・・
c0077835_01511050.jpg
チェリーをがんばって収穫するROY。
c0077835_01505713.jpg
この日は、15パウンド(7kgくらい?)収穫しました。 お値段は30ドル。
c0077835_01494375.jpg
家に帰って、チェリーの種抜き作業。
c0077835_01542770.jpg
トレイに並べて、冷凍庫へ。
c0077835_01544548.jpg
凍ったら、フリーザーバッグに詰めなおして、冷凍庫で保存。
今回は、この作業を4回やりました。

この凍らせたチェリーは、後でフルーツゼリーに入れたり、スムージーに入れたりと一年中大活躍です。

去年だったら、今頃はシーズンが終わってたんですが、
今年は、春先の天気が良くなかったので、チェリーの成長が遅く、8月初旬までチェリー狩りが楽しめるそうです。

チェリーピッキング、ぜひおためしあれ。



前回のつづき

リゾートの中はこんな感じになってまして、
僕的にはスペイン風?
c0077835_01245211.jpg


で、このリゾートの中に、
デザート・カルチャー・センターなる砂漠とネイティブ文化の博物館のようなものが
あります。(砂漠とは言っても、みなさんが想像するような砂丘があるわけではない)
c0077835_01253512.jpg

中には、この辺りの歴史だとかを紹介するシアターがあったり、
ネイティブ文化の展示物なんかもあります。

あと、外には遊歩道というか、歩いて周る屋外展示みたいのもあります。
博物館からこんな感じで道が出ていて、所々に展示があります。
c0077835_01274025.jpg


その展示よりも多いのが、ガラガラヘビ注意の看板・・・
c0077835_01263691.jpg


1周して一時間くらいのコースですが、
ぶっちゃけて言うと、景色的には、ノックスマウンテン?
c0077835_01322643.jpg

と、オソユースを楽しんで、

帰りに適当にいくつかフルーツスタンドに寄って(オソユースからオリバーの辺りは、
フルーツの直売所だらけ)帰ってきました。
c0077835_01281722.jpg


今のメインは、ピーチやネクタリンですが、
まだ、チェリーも売ってました。
c0077835_01293478.jpg


あぁ、夏も半分終わりましたね・・・
きっと、日本から帰って来たら秋になってるんだろうな・・・しんみり・・
c0077835_01290103.jpg

残り少ない、ケロウナの夏を楽しもう・・・
こんにちは、

今日は、昼から雷雨の予報のケロウナでございます。

さて、先日
お天気がすごくよかったので、久しぶりにROYとオソユースの方まで
ドライブに行ってきました。

まず、オソユースってどこやねん?ですけど、下の地図でいうと、
真ん中あたりのケロウナから
湖沿いに南に行って、アメリカとの国境ギリギリのところです。
c0077835_4202775.png


ケロウナからのドライブ、こんな感じで湖の真横をドライブしていくので、
風光明美で気持ちいいですよ。
c0077835_04080944.jpg

南に行くと、さらに乾燥して景色も荒涼としてきます。
c0077835_04091667.jpg


ケロウナからだと、2時間もしないうちにオソユースに到着なんですが、
街は、ケロウナ以上に観光客だらけでリゾート都市という感じです。

お昼は、こちらインカミップというネイティブの人たちがやっているワイナリーで
食べました。
c0077835_04102675.jpg


このワイナリー、ホテルも併設で、
ちょっとしたリゾートダウンでしたよ。ホテルの方はSpirit Ridgeという名前でして、
不覚にもハワイっぽいって思っちゃいました。ROYもここなら泊まってもいいかもって言ってました。

こちら、そのワイナリーのレストランからの眺めですが、
砂漠気候のの淡い景色に、緑の果樹園が映えますね。
c0077835_04114621.jpg

食事もネイティブのテイストが入ってまして、
こちら、バッファローのステーキサンドイッチ。
c0077835_04124038.jpg


こちら、サーモンとBannockと呼ばれる揚げパン(ネイティブ料理)
c0077835_04132053.jpg


どちらもなかなかおいしかったです。

つづく
こんにちは

冷凍しなかったチェリーの在庫が切れたので、
今週もチェリー狩りに行って来ました。

新しいとこ行ってみようということで、
今回行ったのは、Mike & Lizzy's Cherry U-Pick。
c0077835_04491633.jpg

場所は、サマーヒルピラミッドワイナリーの近く、
いつも行くLakeside Orchardsの横です。

ただいま、LAPINという種類のチェリーがピークをむかえておりますよ。
(アメリカンチェリーも実はたくさん種類がありまして、種類によって味や収穫時期が微妙に違う)
c0077835_04473391.jpg


で、ここのチェリーなんですが、
すごい・・・大きいんです・・・
一粒一粒が小さめのプラムくらいのサイズなんですよ・・・
c0077835_04502619.jpg

次から次へと、立派なチェリーが目に入るもんで、
やばいピッキングの手が止まらない・・・(このチェリー畑には魔物が住んでる・・・)


というわけで、結局二人でバケツ山盛り2杯採りました・・・
c0077835_04483583.jpg

たぶん、バケツがこんなにいっぱいになるほど採ったのは
今回が初めてなんじゃないでしょうかね・・・

いやー、それにしても、チェリーピッキング楽しい
みなさま、ケロウナへお越しの際は、ぜひお試しください。
こんにちは、

今週は、イギリスからROYの親戚が来ていたので、
一通り、ケロウナ観光をしてました。

まあ、基本は今までのブログに書いたことのあることをしたんですが、
目新しいことと言ったら、
ミッションヒルのワイナリーツアーに参加したことでしょうか。

今回は、天気があんまりよくなかったので、
外の写真をとってないので、外観がどんな感じか気になる方は
こちらを参照あれ。

で、肝心のワイナリーツアーなんですが、
まず、10分ほどのミッションヒルの歴史みたいな映画を見て、
建物の外へ出て、建物の説明を聞き、
そして、建物の地下に移動して、ワイン醸造のお話しを聞いて、
最後はテイスティングという感じです。
c0077835_04515349.jpg

これ、地下の貯蔵庫の写真ですが、
こういうの見ると、ワイナリーを観光してるって気分になりますよね。
c0077835_04523867.jpg

さすが、大きいワイナリーだけあって、
貯蔵庫も立派で、見栄えがします。

c0077835_04533268.jpg

最後はお決まりのテイスティング。

ケロウナ周辺でワイナリーツアーをやっているワイナリーはたくさんありますけど、
純粋に観光という観点でみると、
やはり、大きくて写真映えもするので、
ここのワインツアーが人気なのもわかりますね。
こんにちは、

ケロウナの観光協会が
新しいケロウナのプロモーションビデオを作製したので、紹介しておきませう。
(前回のよりは、コンパクトにまとまっていていいんじゃないかと思います。)

観光ビデオなんで多少盛ってありますけど(9割以上は、夏の3ヶ月の映像・・・)、
夏は確かにこんな感じです。


というわけで、
どういう因果か、このブログにたどり着いたみなさま、

機会があれば、ケロウナにぜひお越しくださいませ。
こんにちは、

今日も快晴、30度のケロウナでございます。(まだ、夜は涼しいですけどね)


さて、先週の金曜日、
前に話していたBC TREE FRUITSのサイダリーがオープンしたので、行って来ました。
c0077835_5195235.jpg

ワイナリーに比べるとサイダリーはなじみがない方が多いかと思いますが、

ワインを造る場所がワイナリー、サイダーを造る場所がサイダリーでございます。

僕も厳密な定義は知らないですが、こちらでは、ブドウ以外のフルーツ(特にリンゴ)のお酒をサイダーと呼ぶようです。(ただ、普通のリンゴジュースもサイダーと呼んだりするんでややこしいんですよね)

こちらでは、主にオカナガン地方のリンゴを使ったアップルサイダーを造っており、テイスティングさせてくれます。(原材料はリンゴとイーストのみ!!)
c0077835_5182273.jpg

味の方はというと、僕はワインより飲みやすくて好きかも。

少しリンゴの甘みが残っており、甘いお酒が好きな人はいけると思いますよ。(甘さ控えめのリンゴサワーって感じですかね)

あ、そうそう、
このサイダリー、隣がオカナガンのフルーツマーケットになっているんですが、
すでに今年の収穫のチェリーが入荷してましたよ。

c0077835_5202074.jpg

前にも書きましたが、歩いていける距離にサンドヒルというワイナリーがありますので、
まとめて周ってみてはいかがでしょうか。

今はまだ、ケロウナと言えばワイン・アイスワインって感じですけど、これからはアップルサイダーも定番になっていくかも知れませんね。
こんにちは、

本日、雨模様のケロウナです。今回はしっかりと雨が降っているので、
山火事の心配もしばらくは必要なさそうです。

さて、最近のケロウナですが、
本格的な観光シーズンに突入して、街もかなり賑やかになってまいりました。

そこで、今日は初めてケロウナへ来る方のために、
ケロウナの観光情報をまとめてみました。

その1、ワイナリー
言わずと知れた、ケロウナの代表的な観光地です。

ケロウナのレストランには必ずと言っていいほど、こんな感じのワイナリーに関する観光案内が置いてあります。
c0077835_0582685.jpg

軽く説明しますと、

ケロウナ周辺のワイナリーは、郊外にまとまっており、
地域ごとにまとめて周ると便利かと。

まず、真ん中の小さな枠がダウンタウンです。

北(地図では上)の黄色の枠がレイクカントリーのワイナリー。
中心はやっぱりレストランも併設しているグレイ・モンクでしょうか。
僕はここのレストランが一押し

ダウンタウンの右下にあるのが、イーストケロウナのワイナリー。
ブティック・ワイナリーと呼ばれる規模の大きくないワイナリーが多く、
ワイン通におススメなワイナリーが多いです。

続いて、ダウンタウンの南にあるのが、レイクショアのワイナリー。
サマーヒル・ピラミッドワイナリーや、シーダークリークなど、
レストランを併設している大きめのワイナリーあり、
セント・ヒューバタスのように小さいながら色々な賞を授賞しているワイナリーありと、
バラエティーにとんでます。

最後に、湖を挟んで反対側、
ウエストケロウナのワイナリー、
ケロウナワイナリーのボス的存在、ミッションヒルやそのライバル、クェールズ・ゲートなどなど比較的大きなワイナリーがたくさんあります。
特に、ミッションヒルやクェールズ・ゲートは、風光明媚な場所に立地しており、ワインが得意でなくても純粋に観光として楽しめると思います。

ちなみに、大きなワイナリーはだいたいワイナリーツアーを開催していますので、
そのツアーに参加に参加すれば、立ち入り禁止の醸造施設なんかを案内してくれたり、
ワインテイスティングの詳しい方法などを教えてくれたりします。


その2、フルーツピッキング(フルーツ狩り)
これまた、夏のケロウナの代表的なアクティビティー。

日本のフルーツ狩りと違うのは、その場で食べるわけではなく、
もって帰る用に採るという感じでしょうか。

採った分、最後に重さを量ってもらってお金を払ってお持ち帰り。


ただ、フルーツピッキングは期間が限られており、
毎年天候によって前後するのでご注意ください。

おおまかには、
チェリー(7月半ばから下旬)
桃(8月)
リンゴ、洋ナシ(9月)

という感じです。

ちなみに、僕の過去の体験談はこちら(チェリー

その3、ファーマーズ・マーケット
毎週水曜日と土曜日に開催されており(土曜日の方が大きい)、BCでは最大規模だそうです。
旬の農作物以外にも手作りの石鹸やジャムなんかもあってお土産さがしにもできます。
あと、クレープやホットドッグなどなどその場で食べられるものもあり、
ちょっとした夏祭りって感じでしょうか。

こちらも僕の体験談はこちら

その4、ノックス・マウンテン
ケロウナのダウンタウンから車で5分、歩いて15分くらいの所にある山です。
道路もついているので、車であがることもできますが、
ハイキングでてっぺんまで行っても、1時間強というところです。

この山のてっぺんの展望台からは、ケロウナとオカナガン湖が一望で、
晴れた日は本当に気持ちがいいですよ。

詳しくは、前のブログを参照してくださいませ。

その5、ダウンタウン・ケロウナ
そのままですが、ケロウナのダウンタウンです。

2年ほど前の大工事のおかげで、
ダウンタウンのほとんどのレストランがお店の前にパティオを出せるようになりました。
そのおかげで、ダウンタウンはオシャレなリゾートタウンとなりつつあります。

さらに、ダウンタウンの周辺のマリーナや公園もどんどん整備されつつあります。
(ダウンタウンマリーナから出ているオカナガン湖のクルーズもおススメ)


というわけで、今思いつくまま書いてみました。

もし、今年の夏にケロウナへの旅行を計画しているあなた、参考にしてくださいませ。
こんにちは、

昨日までカナダ(一部州を除く)は、ビクトリア・デイの3連休でした。

というわけで、うちもホープのオセロ・トンネルまでドライブに行って来ました。


昔、バンクーバーからオカナガンを通って、東へ走ってたKettle Valley Railwayっていう鉄道があったんです。
それが、廃線になったんですが、
その後、ハイキングトレイルとして活用されております。(ケロウナにもありますよ。詳細はこちら

このホープのオセロトンネルもKettle Valley Railwayの一部で、なかなかナイスなハイキングトレイルです。

駐車場を抜けるとこんな感じでサインがあります。
c0077835_013288.jpg


こんな感じで、元線路があった所なんで、歩きやすいです。
c0077835_0135296.jpg


木の感じがナウシカっぽい・・・
c0077835_0134278.jpg


10分も歩くと、最初のトンネルに到着。
c0077835_014378.jpg


一つ目のトンネルを抜けると、次々とトンネルが続きます。
c0077835_0135956.jpg


トンネルとトンネルの間には橋がかかってまして、横を流れる川がなかなかの迫力です。
c0077835_0135627.jpg


というわけで、このオセロトンネルのハイキング、
平坦で歩きやすく、しかもトンネルや橋などのアトラクションもあってなかなかお勧めなハイキングですので、バンクーバーからケロウナへのドライブの途中に休憩がてらに寄ってみるのはいかがでしょう。

場所は、
Coquihalla Canyon Provincial Parkとグーグルで入れてもらえば出てくると思います。