ご無沙汰です。

ちょっと間が開いてしまって、申し訳ないです。
それにしても、毎日ブログを更新してる人ってすごいですよね・・・。
ホント、頭が下がります。

それはそうと、もう12月も後半戦に突入ですね。
冬至も近づいてきて、日もぐっと短くなってきました・・・。
日が短くなると、なーんか陰気な気分になりますよね・・。

そんな、
日照時間6時間のカルガリー12月後半は、
おいしいものでも食べて元気をだそうというわけで、
食べ歩き強化週間として、
おもにカルガリー食べ歩きに力を入れていきたいと思います。(決して、
料理するのがめんどくさいというわけではないです・・・)

そんな、ビバ・カルガリー食べ歩き強化週間第1弾はここ、
Tibet On 10th!!
c0077835_582148.jpg場所は、ケンジントンの10th streetをセカンドカップの方へ歩いていく途中にある、小さな広場のようなところの一角です。(よく怪しい人たちがたむろしてる広場なんですが、この説明でわかるんでしょうか?この説明でわからない人も一度、10thを歩くとわかるはず)。とにかく、broken plateというギリシャ料理のお店とセカンドカップに挟まれたブロックの真ん中くらい・・・。
いろんな国の料理が食べられるカルガリーにしても、チベットはめずらしいんじゃないでしょうか?(僕は、チベット料理と言われても、まったく何1つ思い浮かばないくらいなじみがなかったです。)
で、今回僕らが頼んだのは、
c0077835_5175316.jpgc0077835_5182367.jpg









左は、マメと野菜のスープなんですが、味がちょっとカレーっぽいです。
カレー風味のマメスープといったところでしょうか。
右は、ウエイトレスさんのオススメの、チベットの伝統的なDumplingと、
チキンとヌードルのディシュ。
Dumplingの方は、中華料理のやつと似たり寄ったりかなぁ・・。ちょっと香辛料が
違うような気もしますが、味が大違い!!ってほどではないです。
で、チキンとヌードルのほうも、これまたヤキソバっぽい味です。

というわけで、ぶっちゃけて言うと、
チベット料理は、インド料理と中華を足して2で割ったような感じ・・・。

なので、「今日はインド料理も中華もどっちも食べたい気分!」みたいな欲張りさんや、
カップルで、片方がインド料理、片方が中華が食べたいと主張して、どっちも譲らず、
危うく喧嘩別れしそうな時の妥協案として、来てみるのもいいかもしれません。

あ、ただし僕らは頼まなかったんですが、チベットだけあって、ベジタリアンメニューが
いっぱいありましたよ!!なので、ベジタリアンに方にもいいと思います。

あと、店の雰囲気がダライラマの肖像とかあったりして、ちょっと寺院ぽいんで、
ご飯食べた後、なんちゃって解脱というか、
精神の段階が1段上がったような気分になります。

お値段も一皿10ドルもしないんでお手ごろですし、
一度なんちゃって解脱をしに行ってみてはいかがでしょうか。

今日のおまけ。
c0077835_5305145.jpg実家から、荷物が届きました。今回のヒットは、シイタケ昆布!!!これ1パックで1週間、おかずいらなーい!!
[PR]
こんにちは、みなさま。

今日、天気予報を見てたら、今週末にまた大きめの寒波が
やってきそうですね。この天気予報がはずれるのを祈るばかりです・・(けど、
天気予報はよくはずれるんで、まんざら可能性がないこともないところがミソですな。)

そうそう、今日の話題なんですが、
僕もカルガリーに来て早1年ちょっとなんですが、
カルガリーで、普通にありそうでないものってありますよね。
いや、もちろん日本食品のスーパーにいけばあるんですが、
普通のスーパーでもおいてそうなものっていう意味で・・

たとえば、ポテトチップス・コンソメ味。

のり塩が普通のスーパーにないのはわかるんですが、
何故ゆえにコンソメがないの?と聞きたくなるんですよねー。

あれって、日本のオリジナルなんですかね?
コンソメもチップスも海外から来たんじゃないの?って思っちゃうのは僕だけ?

こっちの普通のスーパーでは、塩味以外にも
サワークリーム&オニオンとか、見るんですけど
コンソメ味だけは、見たことないっす。

あとは、
ケーキのモンブランこっちで見ませんね。
ショートケーキっぽいものやチーズケーキは見ますが、
モンブランはみたことないっす。
日本ではどこでもあるのにね・・・。
あれも日本オリジナルなんでしょうか?いや、ヨーロッパにはあるのかな・・。
たまーにむしょうに食べたくなるんですよね・・。

それから、
魚肉ソーセージも見ませんねぇ。
普通のスーパーには、いろんなソーセージを見かけるのに、魚肉だけは
ないですよね・・。
こっちの人は、魚肉ソーセージ嫌いなんでしょうかね?
僕、あの魚肉ソーセージの化学的な味が好きなんだけどなぁ・・。

今日のおまけ。
c0077835_532444.jpgc0077835_5322471.jpg









こないだ、カルガリーの北にあるOLDSという町までドライブしてきました。
ROYの両親はここで、アンティークショップを経営しております。(なんか、アンティークショップって言うと、すごく聞こえがいいですよね・・・。日本語で骨董品屋書くと、丸めがねしたおっさんが、弘法大師の使った筆とか売ってそうなイメージになるのは、僕だけ?)
昔は、カルガリーで店を開いてたんですが、半年ほど前にここOLDSに移ってきました。
ROYの両親曰く、アンティークショップの場合、お客さんは、自分の欲しいものがあれば、店がどこにあっても見つけて買いに来てくれるそうなので、立地はあまり関係ないんだそうです。
c0077835_5324745.jpgc0077835_533898.jpg









いやーそれにしても骨董品って奥が深いですよね・・・
写真を撮るの忘れたんですが、例えば、親指大くらいのくまのプーさんの置物が90ドルとかするんですよ!!それが5つくらいあったんですが、それ全部買うと500ドルとかになると思うとビックリです・・・。僕には理解できない世界です・・。
[PR]
お久しぶりです。
最近、暖かい日が続いてますねー。
こう、暖かいとあの辛かった寒い日々の記憶がだんだんと薄らいでいきますね・・・。

さてさて、今日の食べ歩きですが、
またしても、行ってきました朝ご飯。

今回行ってきたのは、ここ
回る黄色い看板が目印のPhil'sでございます。
c0077835_523372.jpg
Phil'sはカルガリーを中心とするローカルチェーンなので、みなさんもどこかで、この看板みたことあるやもしれません。






で、このPhil's何がスゴイかといいますと、まずお客さんの年齢層がスゴイ!!
入った瞬間、ここは病院?って思うほどお年をめした方々でいっぱいです。

というのは、このPhil'sはかなり昔からやっているカルガリーのローカルチェーンのファミリーレストランで、いうならばカナダ1970年代の味!!
そのころから変わらない味なので、新しいものが苦手なお年寄にも安心!!というわけです。

逆に、僕のような新参者にしてみれば、へーこれがちょっと昔のカナダ人の朝食なんだーと新鮮な感じがしたり、しなかったり・・(どっちやねん!)

で、今回頼んだのはこちら。
c0077835_5262436.jpgc0077835_5264956.jpg









左は、ROYが頼んだお皿なんですが、朝食では、普通ベーコンかソーセージかハムから1つ選ぶんですが、この店ではChubbyと呼ばれる、ソーセージの輪切りのようなものも選べます。
あと、右は僕の頼んだお皿なんですが、ROYの比べてもらうとわかると思うんですが、ハッシュブラウンがchunkyかshreddedかを選べます。このshreddedのジャガイモがうまし!
僕の一押しです!

というわけで、ちょっと昔のカルガリーの味を試したいかた、ぜひ一度行ってみてください。

一応ホームページ探してみたんですが、ローカルすぎて見つからないので、
カルガリーのレストランガイドのPhil'sのページを載せておきます。
http://www.where.ca/calgary/guide_listing~listing_id~504.htm

今日のおまけ。

今年、初めて暖炉使いました。
c0077835_5501322.jpgc0077835_5504271.jpg









ただし、普通の薪を使うと、後で煙突の掃除やらがたいへんなので、
Northlandというハイテクな薪を使いました。
コレがねー、便利な薪で、一本で3時間燃えるんですよ(しかも、一本1ドルちょっと
と安い!たぶん、ガスよりこっちの方が安いかも)

ほんと仕組みはどうなってるんでしょうね?科学の力はすごいです。
こんなところにも、技術革新の波が押し寄せております。
[PR]
今日は暖かかったですねー
と言いたいところなんですが・・・、

朝起きて、テレビをつけると今朝のカルガリーの気温8度ってでてたんですよね。
で、喜んで外に出たら、さむぅ!!!
慌ててうちの温度計見たら、2度!!

いや、決して2度も悪くはないんですが、8度を見たあとだっただけに、
感じる寒さ2倍って感じでした。

カルガリーの公式の気温って、きっとカルガリー空港で計ってるんですよね?
で、カルガリー空港ってけっこう丘の上で、その丘の上を西からの暖かい空気が
サラっと流れていくんでしょかね。うちのような、丘の下というか、丘と丘の間の谷の地域には、冷たい空気がどっしりと残って、暖かい空気をブロックしちゃてるんですかね・・。
なんか今日は損した気分です。それにしても、同じ市内でこうも気温差があるってのがカナダらしいというか、なんというか・・・。

で、今日のタイトルの蛍の光なんですが、
ぜんぜん大した話ではありません。

今日、買い物しにセーフウェイに行ったんですが、
買い物してる途中で、蛍の光が流れてきたんです。
一瞬、「もう閉店?」と思ったんですが、
よく考えたら、カナダでは蛍の光は閉店ソングでもなんでもないんですよね・・・。

と、頭ではわかっているんですが、
蛍の光を聞きながら買い物してると、
なーんか焦るんですよね・・・。
ちょっと小走りになったり。

僕の場合、昔の経験から余計に、
「蛍の光=店を早くでないと」っていう公式が頭の中にしっかりインプットされているんで、
焦るんですよね。

というのは、昔レンタルビデオ屋でアルバイトをしてたんですが、
その店では閉店の10分前になると蛍の光かけてたんですよ。
店の決まりとして、お客さんが全員いなくなったら、閉店作業を始めてよかったんで、
従業員としては、早く帰るためになるべく早く閉店作業がしたいわけなんですが、
たまーにいるんですよ、蛍の光がかかってるにもかかわらず、棚のビデオひとつずつとっては、
裏の細かいストーリーとか、キャストとか見てる人・・・。
もうねぇ、そのお客さんを見る従業員の目の怖いこと、怖いこと・・・。
というわけで、
僕は蛍の光がかかってる店の従業員の気持ちがわかる分、
余計に焦るんですよねー。
こりゃ、体に染み付いてるんで当分はなおりそうにありません・・・。

って、今日はほんとどうでもいい話でしたね。
[PR]
今日は、暖かくもなく寒くもないカルガリー
って今の気温マイナス5度なのに、寒くないと
感じるなんて、もう日本人とは言えませんよね・・。日本人失格・・。

それはそうと、天気予報によると明日は暖かいらしいですよ!!!
やったね!!

辛口天気予報では、7度。
甘めの天気予報では、12度となっております(チャンネルによって
最高気温が5度違うってスゴイですよね・・)。


で、今日の話題なんですが、12月に入ってイルミネーションがうんぬんという
話を前回したんで、今回もその話題について。

カルガリーの冬のイルミネーションといえば、街もキレイなんですが、
忘れてはならないというか、忘れたくてもこの時期全面に押し出てくるのが、
ここ、Calgary ZooのZoo Lights。
c0077835_6501074.jpg適当な写真がなくて申し訳ないです。これ、去年の写真なんですが、去年行った時は、写真がうまく撮れてなくて、どれもただの暗闇の写真ばっかりになっちゃったんですよね・・。
左の写真の木は、実際に見るとすごくキレイでした。
とにかく、園内はこれでもかというくらい、イルミネーションだらけです。
今週末なんて、ちょうど気温もさほど低くないし、Zoo Lightsに行くにはちょうどいい気温かもしれませんね。あと、大晦日の日に行くと、8時ごろから花火の打ち上げなんかもあるので、その日を狙うのもありかもしれません。

ただし!!
僕として、動物園なのでイルミネーションと一緒に、夜の動物たちも見られるのかなーなんて期待していったんですが・・・、
ところがどっこい、動物の睡眠の妨げになりますからって、動物のいるところ全部立ち入り禁止(こういうところは、しっかり動物保護)。かろうじて、外にある檻の動物は、見ることができるんですが、それもZoo Lightsをキレイに見せるため照明を落としてあって、檻の中は真っ暗。闇の中で黒いものがモソモソしてる?ってくらいです。というわけで、動物園に行ったのに、動物園で見たのは、檻の外にいた野生の七面鳥だけ・・・。

去年の教訓。
Zoo Lightsはイルミネーションだけですので、ついでに動物もってのはできません・・(あ、懐中電灯もって行ったら見えるかも)
[PR]