こんにちは、みなさま。
最近本当に暖かい日が続いてますねー。

今日は、最近のことをちょっとまとめてサラっといきたいと思います。

その1
実家から荷物が届く予定だったんですが、どうも着かない・・・。そんなこんなしてるうちに、
昨日UPSから電話がかかってきて、「荷物の内容と記載が一致してないので、
ちゃんと中身を詳しく教えてくれ、そうじゃないと、税関が通らない」だそうです・・。
で、うちの両親に電話して聞いてみたら、
案の定、「英語で中身を書くのが途中でめんどくさくなったらしく、全部Japanese Sweetsって書いて送ったらしい・・・」
で、何を送ったか聞いてみると、
「スルメ」、「ハヤシライスの素」、「焼肉のタレ」などなど・・・

うおぃ!そりゃ、税関とおらわ!
「ハヤシライスの素」や「焼肉のタレ」はパックしてあるから誤魔化せても、
「スルメ」がSweetsって日本どんな国やねんな!!
カフェでみんながスルメをかじりながらコーヒー飲んでたら、キモイわ!!

日本の文化とかあんまり知らないカナダ人でも、そこはおかしいと思うでしょう・・・。

そのことを、両親に言ったら、「あ、やっぱり」だって。確信犯かよ!!

教訓、干したイカはスイーツでは税関通りません。(ってみんな知ってるよ!!)


その2
実は、先週からネコのロッキーが遊びに来ております。
友達のKさんが出張の間、預かっているんですが、
まさに、「ふわふわネコのロッキーがやってきた。にゃー、にゃーにゃー」状態(注、このフレーズはパクリです。)

うちは、というか僕は、今まで一度もネコと生活したことがなかったので、
はじめの数日は失敗だらけ・・・

例えば、お寿司をテーブルの上に置いて、味噌汁を作りにキッチンに行って戻っていたら、
お寿司の刺身の部分だけなくなってて、ただの酢飯になってた・・とか。

ツナのオニギリを作ろうと思って、ツナ缶を開けたはいいが、急にトイレに行きたくなって戻って来たら、ツナ缶がただの缶になってた・・・とか。

カツオブシの入ってる棚をちゃんと閉めないで、外に出て、帰って来て棚が開いてることに気づいて閉めようとしたら、中からネコが飛び出してきて、僕もビックリ、ネコもビックリ・・とか

とにかく僕、ネコを飼う基本ができてません・・・。
けれど、動物がいるとやっぱり楽しいですよね。

さて、今日はこのブログに動画が載せられるという話を聞いて、
試行錯誤の結果、試作品が完成しました。
題名は、「僕の用意した、羽やねずみのおもちゃには見向きもせず、
アイロンのヒモとひたすら遊ぶロッキー(まぁ、なんて経済的なネコなんでしょ)」です。

[PR]
こんにちは、みなさま。
お久しぶりです。

いやー、今日は暖かいですね。もう春のようです。
こんな日は、散歩にでもでかけたいところですが、
足がビショビショになるのでやめておきましょ・・・。

さてさて、実は昨日はROYの誕生日でした。
さすがに、もうROYと付き合いだして4回目の誕生日なんで
そんなたいそうなことはしてないんですが(あぁ、1回目はかなり
手が込んでたなぁ・・・)、とりあえずプレゼントだけ用意しました。

まあ、プレゼントもカバンやらなんやら、いくつか実用性重視のものを
準備したんですが、今回のメインはこれかなぁ(だって一番高かったもん)、
c0077835_62381.jpgc0077835_6232632.jpg









エスプレッソメーカー(横にあるのはコーヒーメーカー)
というのもROY、エスプレッソが好きなんですが、
今までは、IKEAで売ってるようなストーブの上において、
お湯をわかして作るなんともショボイ道具で毎朝コツコツとエスプレッソを
作ってたんですよね。しかもそれで作ると、エスプレッソが妙にニガイ・・・。

エスプレッソメーカーって、生活必需品ではないけれど、あればあったで
いいって感じなので、誕生日にはちょうどいいと思ってこれにしました。
しかも、2杯いっぺんに作れるダブルタイプ。
(ちなみに、なんでDelongi製にしたかというと、イタリアメーカーなんで
本格イタリアンエスプレッソができそうな気がするからという、なんともお粗末な理由・・)

で、感想はというと、
やっぱり、ちゃんとした機械で作ると味が違う!!
今までとおんなじコーヒーを使って、エスプレッソを作っても、ぜんぜん味が違うんですよ!
いや、びっくり。
ROYもこの機械を気に入ったらしく、昨日から毎回食後にエスプレッソを
作って飲んでます(僕はそこまでエスプレッソ好きではないので、
ラテやらカプチーノにしてもらってます・・)

まぁ、うちのエスプレッソブームはいつまで続くことやら・・
[PR]
こんにちは、みさなま。

久しぶりに晴れましたね、カルガリー。
しかも、今日はバレンタインデー。
日本だと女子→男子のみですが。

こちらでは、
女子→男子、男子→女子、男子→男子、女子→女子の
どれでもありの、なんでもあり!!!イエイ!!


さて、このビバ・カルガリーを書きはじめて約1年。
昔は、いろんな情報を載せていたのに、
最近はもっぱら僕のダラダラ日記になりさがっていますね・・・。
というわけで、
今日は初心にかえって、ちょっと情報系ブログっぽいことを。

で、今日のテーマは「英語の試験」

一口に英語の試験と言っても、なじみのあるものから
ないものまで、たくさんあるので、今日はアルバータ州での就学や
就職などの参考によく使われる3つを紹介します。
実は僕はその3つとも受けたことがあるので、さらっとテストの感想なんかも
交えて、いってみます。

その1
TOEFL
いわずと知れた英語試験の王道。
最近はTOEFLiBTというパソコンで受けるタイプが主流のようです。
場所によってはもうiBTしか受け付けないというところもちらほらでてきましたね。
このTOEFLiBTは、今までのTOEFLとは違って、
リーディング30点、リスニング30点、スピーキング30点、ライティング30点の
合計120点満点で結果がかえってきます。大学進学なら、学部によって80点から100点くらいを要求されます。

特徴としては、スピーキングは、パソコンに
自分が話してるのを吹き込むタイプ。
iBTの感想としては、とにかく長い・・・。ぶっ続けで4時間半かかります(途中10分休憩あり)
英語の試験というより、精神力の試験みたいな・・・。あと、スピーキングはそのセクションに入った人からしゃべりだすので、部屋の中で他の人がしゃべっても気にしない精神力が必要です・・。

その2
IELTS
うーん知ってる人は知っているって感じのテストですよね。
テストの内容は、TOEFLと近いかな。違う点は、リスニングはイギリス英語で、
ライティングに関しては、学術用と一般用があって、用途に合わせて使いわけられる
点でしょうか。
あと、スピーキングが試験官との対面式です。
こちらは、バンドと呼ばれる1から9のランクで結果がかえってきます。大学入学は、
7から8ってとこでしょうか。

感想としては、スピーキングが対面式なので、こっちのほうが自然かな・・。一応、試験官が相槌うってくれるんで・・・。ただ、TOEFLのように測定対象を留学生に限定しているわけではないので、問題になる話題の幅がTOEFLより広くて、難しいような気がしますが、これはあくまでも僕の個人的な感想。


その3
CLB(Canadian Language Benchmarks)
これもアルバータでは、おなじみの試験です。
設定としては、1から12のレベル設定があるんですが、
まだ上位のレベルの試験が開発途中なので、8までしかはかれません。

こちらは、移民を対象にしてるんで、試験の内容は上記二つとはまったく違います。
たとえば、ライティングで言えば、誰かに手紙を書くだとか、感想文のようなものを書くだとか。
リーディングも、学術的な文章じゃなくて、なんかの説明書みたいなものを読むだとか。

目安は、カレッジ入学で8程度。
CLBの感想としては、この試験が一番大雑把な感じです。
というのも、僕が受けたときは、リーディングとライティングの用紙を渡されて、
「1時間づつだから、2時間したら用紙もってきてね。」と試験部屋に通されたんですが、
だれーも時間をはかってる様子もないし監視もしてないし・・時間は自分で計るの?みたいな・・。
スピーキングも制限時間内のスピーチもないし、今までで一番緊張しなかった
試験って感じです。
ちなみに、この試験、移民はタダでダウンタウンで受けれます。
移民じゃない方は、SAITで100ドルで受けれます。

というわけで、今日は初心にかえって書いてみました。
ただし!!!これはあくまで、アルバータの話なんで、他の州に行くと、
他の試験が優勢だったりするんで、気をつけてくださいませ。
[PR]
まだ降ってますよ・・・。もうそろそろ積雪30センチって
とこでしょうか?
11月の寒波は、寒かったけど雪はそうでもなかったですが、
今回は、そう寒くはないけど(ってマイナス18度・・・)、
雪がすごいですよね。

こう毎日雪が降ると、雪かきがめんどくさくて・・・。

いつも、朝一番に雪かきをするんですが(人に踏まれると、
雪かきしずらくなるんで・・)、昼ごろには、また一面銀世界・・・。
そんでもって、学校から帰ってきたら、朝の雪かきの原型なし・・・。
こう毎日雪が降ると、あのお店やさんが持ってる雪かき機(ブラシがまわって
雪を弾き飛ばすやつ)がほしくなります・・・。

で、今日の話題ですが、世にも恐ろしい話をひとつ。

あれは、昨日の晩なんですが、
パソコンの調子が悪かったんで、パソコンの中のソフトを消したり、
新しいのを入れたりしてたんですね。
で、その作業をする間、いろいろと遮断されたりすると困るので、
セキュリティーのソフトを切ってたんです(もうこの時点でヤバそうでしょ)。

で、インストールの作業やらなんやらをしてるうちに、ご飯の時間になりまして、
作業途中のまま、ROYに呼ばれてご飯に行ったんです。
で、ご飯を食べ終えて、帰ってきたんですが、
なにやら、パソコンの様子がおかしいです・・・。

パソコンがすごい勢いで動いているんです・・・・・。

その隣のインターネットの
モデムの送受信のライトもすごい勢いで点滅してるんです・・・・。


僕は、「はて、なにをそんなに送ったり受けたりしてるんだろう?」と不思議に思って
見てたその時!!!!

突然、何もしてないのに僕のメールソフトが起動したんです!!!!

この時点では、イマイチ状況が把握できてなかったんで、
僕、「ありゃ、メールソフトが立ち上がった。何このソフト、人が近づくと
立ちあがんの?(アホか)」

で、立ち上がったメールソフトをマジマジと見てみると・・・

うおぃ!!!このメールソフト、すごい勢いでメールを送信してるーーーー!!!!

しかも、見てるうちにどんどんメールのカウントがあがっていって、
あっという間に500件超えてるんですけど・・・・。

しかも、見たことも聞いたこともないメールアドレスばっか・・・。どっから、アドレス
とってきたんだ??知らないところにメールを送ってるってことは、
これって、スパムメールでは・・・。

ということは・・・
えーーーー、もしかして、僕みなさんにスパムメール発信中ですか!!!!
うちは、今ミニスパムステーション!??
へーこんな風にして、スパムメールは送られるんだ・・・って関心してる場合じゃない!!

さすがに、こりゃウイルスだと気づいて、なんとかせにゃと思ったんですが、
いかんせん、パソコンがウイルスメール送るのにフル稼働しちゃってて(いつもは
勝手にシャットダウンとかするくせに、こういう時はよく働くねうちのパソコン・・・)、
マウスの操作も、強制終了も受けつけないーーーー。

で、結局LANケーブルを抜いて、事なきを得たんですが、
いやー、ウイルスこえー。
もう、スプラッターって感じですよ・・・・。

このおかげで、パソコンにOSから入れなおし・・・、
しかも入ってたソフト全部消えちゃったから、オフィスも買いなおし・・ちぇ。

みなさんも、セキュリティ気をつけてくださいね・・・。
あー怖かった。
[PR]
今日も雪のカルガリー。

さて、前回報告したOSL(おっさんESL)ですが、
行ってきました、2回目。

実は、この2回目で、すでに数人のおっさんがドロップアウト。
逆に、何人か女性が新しく加わり、男女比が7対3くらいに。
どっかの工学部みたいだったクラス構成も、ここまでくると
まあ普通かな・・と思えるかなぁ。

で、授業のほうなんですが、これからどうやらメインに発音を
するっぽいです。というのは、先生曰く、
国籍がバラエティーにとんだクラスなので、それを利用して発音をという
ことらしいです(前回も書きましたが、このクラス、異様なまでに
国籍がバラバラ・・・。日本人の僕を筆頭に、フランスおっさん、ロシアおっさん、
イタリアおっさん、ブラジルおっさん、メキシコおっさん、ウクライナおっさん、
中国おっさん、あと聞き取れなかった国名が多数・・・)
というわけで、ほぼ全員、母国語での意思疎通は不可。しかも、母国語によって英語の発音のミスの仕方が違うので発音練習にはもってこいだそうです。

で、僕の今回の発音のパートナーがチリ人の女医さんだったんですが、
興味深かったのが、
スペイン語には、イーとイの違いがなくて、sheepとshipの違いがよく聞き取れないんですって。たしかに、その女医さんに試してみると、違いがわかんないって。僕はいつも会話の相手がROYで発音を直されるばっかりなんで、自分ができて相手ができないっていう状況がすごく新鮮でした。
逆に僕は、madとmudの違いが聞き取れなかったりするんで、お互いに、「へー、この音は、その言語にはないんだー」みたいな発見があって、楽しかったです。

他のおっさんたちも、みんないい人で、なんだーおっさんいい人じゃんみたいな
発見もあり、このOSL結構楽しいかも・・・。
[PR]