人気ブログランキング |
お久しぶりです。
最近、暖かい日が続いてますねー。
こう、暖かいとあの辛かった寒い日々の記憶がだんだんと薄らいでいきますね・・・。

さてさて、今日の食べ歩きですが、
またしても、行ってきました朝ご飯。

今回行ってきたのは、ここ
回る黄色い看板が目印のPhil'sでございます。
c0077835_523372.jpg
Phil'sはカルガリーを中心とするローカルチェーンなので、みなさんもどこかで、この看板みたことあるやもしれません。






で、このPhil's何がスゴイかといいますと、まずお客さんの年齢層がスゴイ!!
入った瞬間、ここは病院?って思うほどお年をめした方々でいっぱいです。

というのは、このPhil'sはかなり昔からやっているカルガリーのローカルチェーンのファミリーレストランで、いうならばカナダ1970年代の味!!
そのころから変わらない味なので、新しいものが苦手なお年寄にも安心!!というわけです。

逆に、僕のような新参者にしてみれば、へーこれがちょっと昔のカナダ人の朝食なんだーと新鮮な感じがしたり、しなかったり・・(どっちやねん!)

で、今回頼んだのはこちら。
c0077835_5262436.jpgc0077835_5264956.jpg









左は、ROYが頼んだお皿なんですが、朝食では、普通ベーコンかソーセージかハムから1つ選ぶんですが、この店ではChubbyと呼ばれる、ソーセージの輪切りのようなものも選べます。
あと、右は僕の頼んだお皿なんですが、ROYの比べてもらうとわかると思うんですが、ハッシュブラウンがchunkyかshreddedかを選べます。このshreddedのジャガイモがうまし!
僕の一押しです!

というわけで、ちょっと昔のカルガリーの味を試したいかた、ぜひ一度行ってみてください。

一応ホームページ探してみたんですが、ローカルすぎて見つからないので、
カルガリーのレストランガイドのPhil'sのページを載せておきます。
http://www.where.ca/calgary/guide_listing~listing_id~504.htm

今日のおまけ。

今年、初めて暖炉使いました。
c0077835_5501322.jpgc0077835_5504271.jpg









ただし、普通の薪を使うと、後で煙突の掃除やらがたいへんなので、
Northlandというハイテクな薪を使いました。
コレがねー、便利な薪で、一本で3時間燃えるんですよ(しかも、一本1ドルちょっと
と安い!たぶん、ガスよりこっちの方が安いかも)

ほんと仕組みはどうなってるんでしょうね?科学の力はすごいです。
こんなところにも、技術革新の波が押し寄せております。
今日は暖かかったですねー
と言いたいところなんですが・・・、

朝起きて、テレビをつけると今朝のカルガリーの気温8度ってでてたんですよね。
で、喜んで外に出たら、さむぅ!!!
慌ててうちの温度計見たら、2度!!

いや、決して2度も悪くはないんですが、8度を見たあとだっただけに、
感じる寒さ2倍って感じでした。

カルガリーの公式の気温って、きっとカルガリー空港で計ってるんですよね?
で、カルガリー空港ってけっこう丘の上で、その丘の上を西からの暖かい空気が
サラっと流れていくんでしょかね。うちのような、丘の下というか、丘と丘の間の谷の地域には、冷たい空気がどっしりと残って、暖かい空気をブロックしちゃてるんですかね・・。
なんか今日は損した気分です。それにしても、同じ市内でこうも気温差があるってのがカナダらしいというか、なんというか・・・。

で、今日のタイトルの蛍の光なんですが、
ぜんぜん大した話ではありません。

今日、買い物しにセーフウェイに行ったんですが、
買い物してる途中で、蛍の光が流れてきたんです。
一瞬、「もう閉店?」と思ったんですが、
よく考えたら、カナダでは蛍の光は閉店ソングでもなんでもないんですよね・・・。

と、頭ではわかっているんですが、
蛍の光を聞きながら買い物してると、
なーんか焦るんですよね・・・。
ちょっと小走りになったり。

僕の場合、昔の経験から余計に、
「蛍の光=店を早くでないと」っていう公式が頭の中にしっかりインプットされているんで、
焦るんですよね。

というのは、昔レンタルビデオ屋でアルバイトをしてたんですが、
その店では閉店の10分前になると蛍の光かけてたんですよ。
店の決まりとして、お客さんが全員いなくなったら、閉店作業を始めてよかったんで、
従業員としては、早く帰るためになるべく早く閉店作業がしたいわけなんですが、
たまーにいるんですよ、蛍の光がかかってるにもかかわらず、棚のビデオひとつずつとっては、
裏の細かいストーリーとか、キャストとか見てる人・・・。
もうねぇ、そのお客さんを見る従業員の目の怖いこと、怖いこと・・・。
というわけで、
僕は蛍の光がかかってる店の従業員の気持ちがわかる分、
余計に焦るんですよねー。
こりゃ、体に染み付いてるんで当分はなおりそうにありません・・・。

って、今日はほんとどうでもいい話でしたね。
今日は、暖かくもなく寒くもないカルガリー
って今の気温マイナス5度なのに、寒くないと
感じるなんて、もう日本人とは言えませんよね・・。日本人失格・・。

それはそうと、天気予報によると明日は暖かいらしいですよ!!!
やったね!!

辛口天気予報では、7度。
甘めの天気予報では、12度となっております(チャンネルによって
最高気温が5度違うってスゴイですよね・・)。


で、今日の話題なんですが、12月に入ってイルミネーションがうんぬんという
話を前回したんで、今回もその話題について。

カルガリーの冬のイルミネーションといえば、街もキレイなんですが、
忘れてはならないというか、忘れたくてもこの時期全面に押し出てくるのが、
ここ、Calgary ZooのZoo Lights。
c0077835_6501074.jpg適当な写真がなくて申し訳ないです。これ、去年の写真なんですが、去年行った時は、写真がうまく撮れてなくて、どれもただの暗闇の写真ばっかりになっちゃったんですよね・・。
左の写真の木は、実際に見るとすごくキレイでした。
とにかく、園内はこれでもかというくらい、イルミネーションだらけです。
今週末なんて、ちょうど気温もさほど低くないし、Zoo Lightsに行くにはちょうどいい気温かもしれませんね。あと、大晦日の日に行くと、8時ごろから花火の打ち上げなんかもあるので、その日を狙うのもありかもしれません。

ただし!!
僕として、動物園なのでイルミネーションと一緒に、夜の動物たちも見られるのかなーなんて期待していったんですが・・・、
ところがどっこい、動物の睡眠の妨げになりますからって、動物のいるところ全部立ち入り禁止(こういうところは、しっかり動物保護)。かろうじて、外にある檻の動物は、見ることができるんですが、それもZoo Lightsをキレイに見せるため照明を落としてあって、檻の中は真っ暗。闇の中で黒いものがモソモソしてる?ってくらいです。というわけで、動物園に行ったのに、動物園で見たのは、檻の外にいた野生の七面鳥だけ・・・。

去年の教訓。
Zoo Lightsはイルミネーションだけですので、ついでに動物もってのはできません・・(あ、懐中電灯もって行ったら見えるかも)
いやー、今日は暖かかったですねー。
今日の最高気温は、7度って出てましたね。

いつものように雪の中を歩くと、今日は靴がベショベショに濡れました・・。

それはそうと、
早くも12月に入って、街はクリスマス一色といった感じになってきましたね。
というのも、街の電飾が出揃ってきたので、いよいよクリスマス本番といった感じがしますよね。

ビルの工事用のクレーンまで電飾つけちゃってます。
c0077835_13273879.jpgc0077835_132817.jpg









最近は、日本でもクリスマス前にはベランダなんかにライトをつける家庭が
増えてきましたが、カナダはさすが本場というか、手の込んだ電飾もよく見かけます。

右の写真は、うちの近くの家なんですが、柵にライトを上手につけて
クリスマスの雰囲気を演出しています。
きっと、こういうのってやり始めると、どんどん色々やりたくなるんでしょうね・・。
中には思わず立ち止まって見てしまうようなおうちもありますよね。
というわけで、今日は近所の気になるクリスマスハウスを紹介しましょ(って盗撮なんですけどね。)

気になる電飾ハウスその1はコレ。
c0077835_1332920.jpg















ぱっと見ると、大きなお屋敷が上手にデコレーションしてるなぁって思いません?
実は、これ大きなお屋敷じゃなくて、タウンハウスなんですよ(5軒分)。
なもんで、この明らかに統一されたデコレーションは誰がしてるんだろう・・・。
5軒で話し合って決めてるの?反対する人はいないの?
そんなにタウンハウスの隣同士って仲良しさんなの?
あと、電飾代は管理費から出してるの?(超余計なお世話・・・)
まあ、これは電飾が気になったというより、タウンハウスの人間関係が気になった一枚でした。

では、次!!その2
c0077835_1334346.jpg














目が!目がチカチカするー!!この家直視すると目がやられる・・・。
これは、新手の近所に対するいやがらせ??
なんかもう、一言で表現すると「妖しい」です。魔女が住んでそう・・。
特に、色合いがね・・・。いろんな色まぜりゃいいってもんでも・・(ここのオーナー
子どものころの美術の成績が悪かったと見た)。
僕がもしここの家の子だったら、家に入るの見られるのはずかしいから、
人気のない間にダッシュで帰るかな・・・。
それに、こんだけ電球の線をまいて、雪とか降っても火事とかなんないんですかね?
とにかく、突っ込みどころ満載の家です・・。


今日は、クリスマスハウスをちょこっと紹介しましたが、
これから、ご近所に負けじとどんどん派手なのが登場するんでしょうね。
いやー、クリスマスが楽しみだ。
殺人的な寒さが去って、ホッと一息といった感じのカルガリーです。

ホントは、今日は屋外のスケート場の行くつもりだったんですが、
まだ、池が完全に凍ってなくて、あいてませんでした・・・・。
池が完全に凍るには、あの殺人的寒さがもう1回こないといけないみたいです・・・。
スケートするためには、あの寒さがもう1度来て欲しいような、もう2度とこなくてもいいような、ちょっと複雑なキモチです。

というわけで、昼から時間があまったのでブログでも書きますか・・・。

みなさん、カナダに来てから急によく食べるようになったものってあります?
僕はカナダに来てから、食べるようになったものの一つにベーグルがあります。

まぁ、日本では普通のパン屋ではそんな売ってないし、パンの友達みたいな
もんでしょってなくらいの感覚しかなかったんですね。それに、なんかちょっと
カタイってイメージもあったかな。

で、そんな僕が何故、ベーグルをよく食べるようになったかというと、
カルガリーに来て、初めて焼きたてベーグルなるものを食べたからなのです。

初めて、焼きたてのベーグル食べた時は、ホント
「こ、こ、これがベーグル??」ってミスター味っ子のようなリアクションを
とるくらい驚きました・・・・だって、冷えたのとは大違いなんですもの!!

というわけで、今日は僕がよく行くベーグル屋さんを紹介しましょ。
名前は、Wayne's Bagels
c0077835_520521.jpgc0077835_5211291.jpg









場所は、ケンジントンのセカンドカップの5軒くらいむこう。
さすがにベーグル専門店なので、いろんな種類のベーグルがあります。
けど、僕はやっぱり、セサミとかポピーシードなんかのシンプルなのが
好きかな。別に持ち帰りだけじゃなくて、中で食べることもできます。
c0077835_5345461.jpgc0077835_5361246.jpg









注文するとその場で、釜から出したてのベーグルをつめてくれます。
右の写真は、うちの朝食なんですが(って何人分だよ!)
焼きたてのベーグルにIKEAのサーモンとクリームチーズをはさんで食べます。
これがねー、激ウマ!!ホント食べだしたら、止まりません・・・。
ぜひ一度、おためしあれ!!

今日のオマケ。
とうとう来ました!新しい洗濯機!!
c0077835_5445871.jpgc0077835_5451786.jpg









見てください!このパーフェクトな直方体!!
新しい洗濯機なのに昭和のかほりがするんですが・・・。
しかも、最先端のダイヤル式で、お年寄りにもやさしいときてる。
極めつけは、中に付いてる棒。
日本では、とっくに絶滅したこの棒は、カナダでは健在です!!
(さすが、環境保護大国・・)
この真ん中の棒、ご丁寧にスクリューまで付いていて、
絡まった服をけちらしながら、豪快に洗濯します。(服が傷もうが何しようがそんなのおかまいなし・・・)