日本の最終寄港地は室蘭。

室蘭と言えば、工業?
港もそんな感じのコンビナートの中に到着って感じでした。
c0077835_01371274.jpg
1000円で観光地を周る周遊バスに乗り放題だったので、それにのってとりあえず観光地を周ってみました。

地球岬。水平線が丸く見えるはずですが、あいにくの曇り。
c0077835_01384846.jpg
あとは室蘭名物カレーラーメンを食べたり、
c0077835_01392768.jpg
して過ごしたんですが、

室蘭・・・・
我々は良かったですよ。ココが日本の最後の寄港地だったので、観光そっちのけでスーパー行って、
カナダにもって帰るものの買い物にたくさん時間が使えましたから、

けど、純粋に観光を考えたら2000人の外国人を丸1日遊ばせるにはちょっとキツイかな・・。
それを知ってか、船の方も札幌ツアーを組んで参加者募ってましたけど、それも移動だけで終わりそうな感じでしたし・・・

そんなこんなで、
日本の寄港地は終了しまして、次の寄港地カムチャッカへ向かったわけですが、
この日から、ほぼ毎晩時計の針を1時間早めて寝るという作業をしました。
簡単に言うと、毎日23時間で生活して少しずつ、バンクーバー時間に合わせるというわけです。

毎日1時間なので、そんなに影響ないんですが、
それでも徐々に朝起きるのが遅くなって、最後は朝食の時間が10時過ぎになってました。(笑)




[PR]
日本二つ目の寄港地は、函館。

函館は、街から少し離れた所の港に到着したんですが、

着いた時には、
ちゃんと、函館駅行きの無料シャトルバスがスタンバイしておりました。さすが観光都市、函館。
c0077835_01233907.jpg
その無料シャトルバスで、函館駅まで行き観光スタート。

毎度お馴染み、函館山。
c0077835_01255051.jpg
これで、函館観光3回目なので、海鮮を離れてB級グルメのラッキーピエロを食べようと思ってたんですが、なんとラッキーピエロ大行列・・・。
c0077835_03340877.jpg
港の一番目立つお店は、行列100人軽く超えたので、人通りの少なそうな店舗に行ったんですが、そこもダメ・・・。まあ、この日はゴールデンウィークでしたからね・・・。次回チャレンジします。

で、ラッキーピエロは諦めまして、函館山の上からピンクに見えた場所に行ってるみると、
c0077835_01232147.jpg
おぉー、ちょうど桜が満開。
こちら函館公園は、ちょうどこの日お花見のお祭りが開かれているようです。
c0077835_01273524.jpg
ちょうど良かったので、ここで昼ごはん。
c0077835_03351674.jpg
焼き鳥屋台で色々買ったんですが、焼き鳥に混じって「精肉」なるメニューがあったので、注文してみたら豚でした(写真の一番手前)。焼き鳥屋に豚自体が珍しいですけど、精肉って呼ぶんですね。(この辺だけ?)

ここ函館では、桜のピークの当たったみたいで本当にラッキーでした。
c0077835_01321793.jpg
一日函館を楽しみまして、いざ出航の時間となった時、
外が騒がしいので、バルコニーに出てみると、
c0077835_01340553.jpg
地元の女子高生がわれわれの出航に合わせて、ダンスを踊ってくれました。

それがですよ。よく聞くと、「函館名物いか踊りー」って言いながら踊ってるんですよね。
そして、女子高生だけじゃなくて、周りの大人もみんな踊ってるんです・・・

何?函館の人はみんないか踊りができるとか?

函館、相変わらず素敵な街でした。

[PR]
横浜を出発した翌々日、最初の寄港地の青森に到着。
c0077835_01070958.jpg
岸壁には、観光課の方たちがすでにスタンバイ。
c0077835_01074387.jpg
船から降りて、船の写真をパシャリ。ホント巨大・・

寄港地観光ツアーを申し込んでいる人は、集合時間におくれないように下船していましたが、われわれは、青森では自由行動するつもりだったので、ゆっくり下船。
c0077835_01083892.jpg
事前に色々と調べたんですが、
青森では、合浦公園というのが桜の名所らしく歩いて行けそうなので、行って見ることに。
c0077835_01133955.jpg
ちょうど桜祭りをやってまして、屋台もでてました。
c0077835_01125267.jpg
名物のみそこんにゃくを食べるROY。
c0077835_01142496.jpg
青森は、青森駅から徒歩10分くらいの所に船が停泊したので、
駅前には、カフェやらコンビニやらがいっぱいで駅前ブラブラするだけでも、丸1日使えました。

あと、写真にも写ってる三角の建物が物産館になってまして、お土産屋さんがいっぱいでここもなかなか楽しかったです。

そうこうしているうちに、
あっという間に出航の時間。
c0077835_01094253.jpg
夜景を見ながら、サヨナラ青森!!



[PR]
今日は、もう一つのレストラン「メトロポリタン」です。
c0077835_06315343.jpg
こちらは、前回のカフェテリアに比べると、もう少しフォーマルな感じ。
日によっては、襟無しの服はアウトってのがあったと思います。
あ、けどみなさんポロシャツとかでしたからそんなガチガチではないです。

c0077835_06314286.jpg
船の4階と5階部分の2階層使ってるかなり大きなレストランです。
c0077835_06312369.jpg
メニューはこんな感じ。
スターター2種類頼んでる人とか、メイン2種類頼んでる人とかいましたよ。
c0077835_06300109.jpg
このレストランの料理の写真何枚か載せます(1回分じゃないです)

オニオンスープ。
c0077835_06295157.jpg
ビーフのカルパッチョ?
c0077835_06324130.jpg
シュリンプカクテル。
c0077835_06330263.jpg
エスカルゴ(笑)
c0077835_06293582.jpg
メニューにエスカルゴがありましてね、初めて食べてみました。頼もうかどうか躊躇してたんですが、
ROYが「君はサザエ好きでしょ?大丈夫」と言われて納得。

感想は、うーん。ガーリックバターに浸かった消しゴム・・・別に不味くはないけど美味しくもないかなぁ・・

ここからメイン。

ラム。
c0077835_06294476.jpg
これなんだろう・・忘れちゃった(笑)
c0077835_06345734.jpg
これ、ロブスター。
ホントは、殻を付けたまま写真撮りたかったんですけど、ウエイターさんが気を利かせて殻を外してくれたんですよね・・・。
なのでこんな残骸チックになってます。
c0077835_06343769.jpg
ターキー。
c0077835_06305353.jpg
あと、デザートのベイクド・アラスカ。
c0077835_06302317.jpg
まあ、こんな感じでカフェテリアより1段上な感じですかね。

うちは、ココとカフェテリアを半分半分くらい利用しました。


[PR]
こんにちは、

今日は、航海中一番よく利用したオーシャンビューカフェについて。
c0077835_06255077.jpg
こちら、10階部分にある巨大なカフェテリアなんですが、
利用は無料(基本料金に入ってる)で、24時間営業。
なので、いつ行っても何かしらあります。(朝、昼、晩でメニューが変わる)
c0077835_06201210.jpg
好きなものを好きなだけどうぞというスタイルで、こんな感じのステーションが6つか7つあります。(それぞれ違うものが置いてある)
c0077835_06182287.jpg
航海の基本料金に含まれているのが、ココとあと明日紹介するレストランの二つでして、
あと3つほど追加料金を払うレストランもあったんですが、1回も使いませんでした。
だって、ココともう一つのレストランで十分でしたから。

これ、ピザのステーションかな?
c0077835_06163196.jpg
こちら、グリルのステーションなんですが、
ステーキ、チキン、サーモン、ソーセージ等など、言ったらその場で焼いてくれます。
c0077835_06162711.jpg
あと、メニューも毎日同じじゃなくて、日によって、中華の日とかインド料理の日とかロシア料理の日とかありまして、
飽きさせない工夫が色々でした。

デザートも何種類もケーキがあり、
c0077835_06192088.jpg
日によっては、
スターウォーズの日(全部ケーキでできてる)、
c0077835_06182939.jpg
マカロンの日とか、
c0077835_06164524.jpg
見てるだけでも楽しかったです。あと、アイスのステーションも常時10種類くらいありましたかね。

ココに来ると、ついつい色々試したくなって、食べ過ぎちゃうんですよねー。それが問題点(笑)

変な話ですけど、これだけ食べ物が溢れているとちょっと不自然と言いますか、

「この船は実は、密かに鬼の住む島に向かっていて、我々は鬼に食べられる前に太らされているのでは?」と、
変な疑惑がよぎるくらい不思議な空間でしたね。


しかも、
カフェテリアは全方向ガラス張りになってるので、眺めは素晴らしい!!
c0077835_06252569.jpg
外もあります。
c0077835_06204828.jpg
明日は、もう一つの無料レストランいきます。



[PR]